おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その2】

おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その2】

 奈良県内全域と京都府の一部に路線を展開する「奈良交通」の特徴や保有するバスについてお伝えしているバス潜入レポート。前回の【その1】では、奈良県内、市内における路線バスのネットワークを紹介したが、言うまでもなく同社の運用形態は、高速路線、エアポートシャトルも行っている。

 近くに大阪という大都市が控えるため、超長距離路線は見られないものの、東京、大阪、京都とのアクセスには、高い密度を誇っている。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(K)柏田芳敬、(H)編集部、(N)奈良交通株式会社
※2019年7月発売「バスマガジンVol.96」より

【画像ギャラリー】奈良交通が所有するバスをイッキ見! バス会社潜入レポート 奈良交通【一般路線車編 パート1】


■高速バス路線は関東と名古屋へ
関西・大阪空港リムジンバスも

●宇陀川(うだがわ)

奈良交通発祥の地である宇陀市には桜の名所が多い。市役所前を流れる宇陀川の堤防もそのひとつで、大宇陀線の車窓から花見を楽しむことができる

 長距離夜行高速バスとして、奈良~新宿線、五條~新宿線、奈良~横浜・京成上野・TDR線を運行。昼行路線は奈良~名古屋線が運行されている。

●けいはんな学研都市(連節バス)

京都・大阪・奈良の3府県にまたがる「けいはんな学研都市」。京都府精華町エリアとJR祝園(ほうその)駅・近鉄新祝園駅を結ぶ連節バスが活躍を開始した

 リムジンバスは奈良~関西空港線、学研都市・学園前~関西空港線、桜井・大和八木・高田市~関西空港線、および天理・奈良~大阪空港線を運行。

●椿台

信貴山のふもとでは傾斜地にも家屋が立地。近鉄生駒線の元山上口駅・平群(へぐり)駅を起終点として、エヌシーバスの小さな車両が住宅街をこまめに走る

 学研都市~京都駅直通バスと深夜急行バス「はんな号」も高速バス車両によって運行されている。

●学園前駅

近鉄奈良線で大阪難波まで30分の学園前駅周辺は大阪の一大ベッドタウン。駅前に引っ切りなしに発着する長尺の大型バスが通勤通学輸送を担っている

 貸切バスは奈良貸切・大阪・京都の3営業所を拠点に営業。新幹線京都・新大阪駅を発着地に奈良県内を周遊する学生や企業の団体が多い。

 募集型企画旅行の催行にも積極的で、全国で貸切バスの姿を見ることができる。

●和束町(わづかちょう)

別名〝茶源郷〟ともいわれる和束町は、高級な煎茶の産地として知られる。JR加茂駅と町内の集落を結ぶ和束木津線は、西日本JRバスから引き継いだ

 また路線エリア内では企業・学校の契約輸送を数多く受託。小型車によるものはエヌシーバスが運行している。

おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その1】

【画像ギャラリー】奈良交通が所有するバスをイッキ見! バス会社潜入レポート 奈良交通【一般路線車編 パート1】