おじゃまします! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その1】

おじゃまします! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その1】

 バス会社の運営する路線や保有するバスを詳細に紹介する「おじゃまします! バス会社潜入レポート」。今回より4回にわたって広島電鉄についてお伝えしたい。

 広島電鉄は広島市内の軌道19.0kmと広電西広島~広電宮島口間の鉄道16.1kmを営業。バス路線は広島市を中心に、広島県西部の広域に及ぶ。

 高速バスは広島から浜田、松江、米子、三次(みよし)・庄原(しょうばら)に向けて運行。広島・呉と広島空港を結ぶリムジンバスも運行する。1999年には丘陵地の住宅地輸送を担う子会社としてエイチ・ディー西広島を設立した。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(H)エイチ・ディー西広島、(S)鈴木文彦
※2019年11月発売「バスマガジンVol.98」より

【画像ギャラリー】広島電鉄バスが走る風景を写真で辿る! 本文未掲載写真も! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その1】


■広島市を中心に広がる路線網
高速バスは山陰や空港などへ

●八丁堀

広島市の中心市街地・八丁堀も早朝はまだ人影がまばら。早起きな人々を乗せた広電のバスと路面電車が並走しながら広島駅を目指す

 広島電鉄は広島市中区東千田町に本社を置き、バス事業本部の現場は3つの営業部によって構成。

 都市圏輸送営業部に曙(あけぼの)、仁保、江波(えば)の3営業課、地域輸送営業部に広島南(廿日市〈はつかいち〉)、広島北(安佐〈あさ〉、吉田)、西風新都(せいふうしんと)の3営業課(3出張所)、呉輸送営業部に呉中央(警固屋〈けごや〉、広)、焼山(熊野)の2営業課(3出張所)がある。

 乗合バス営業キロは1413.3km、バス事業本部従業員数は961人である。

●広島駅

広島駅を発車する「エキまちループ」。2018年に運行開始した「エキまちループ」は駅と八丁堀をノンストップで結び、中心市街地へのアクセスを容易にした

 子会社のエイチ・ディー西広島は広島市西区己斐上に本社を構えており、従業員数は57人である。

 都市圏輸送営業部は自社の路面電車と協調。広島市の中心市街地と湾岸地域、JR芸備線沿いの住宅地などを結ぶ路線を所管する。2018年5月には広島バスと共同で「エキまちループ」の運行を開始。広島駅と都心部を循環する新たな足として好評を得ている。

 地域輸送営業部は広島市北西部の丘陵地帯に造成され住宅地の通勤通学輸送が大きな使命。01年に西風トンネルが開通し、都心部と安佐南区・佐伯区が直結されて以来、乗客の増加が続いている。

 半面、山間部では過疎化が続き、利用者が漸減。19年には吉和・玖島方面の支線を廿日市市の自主運行バスに移管するなど、幹線系統を残して縮小が進められている。

●イオンモール広島府中

キリンビールの工場跡に開業した「イオンモール広島府中」。広島駅新幹線口との間をノンストップで結ぶシャトルバスが、日中は15分間隔で運行されている

 高速バスのほとんどを地域輸送営業部が担当。広島の都心部を起点として、浜田、松江、米子を結ぶ陰陽連絡路線、三次・庄原、三段峡、呉、四季が丘・阿品台北を結ぶ近距離路線、広島空港を結ぶリムジンバスを運行している。

●広島バスセンター

広島市の中心・紙屋町にある広島バスセンターには、高速バスと広島近郊への路線バスが数多く発着。広電バスの郊外線に続き、芸陽バスと備北交通の高速バスが出発していく

 呉輸送営業部(当初は呉輸送グループ)は12年、呉市交通局のバス事業を引き継いで発足。市営バスの全路線を譲受したが、利用状況に合わせて路線の再編が行われている。

 13年には呉駅~広島空港間のリムジンバスを運行開始。14年には一部路線が呉市生活バスに移管され、19年10月にも倉橋島や仁方地区、焼山地区の一部が呉市生活バスによる運行となった。

【画像ギャラリー】広島電鉄バスが走る風景を写真で辿る! 本文未掲載写真も! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その1】