未だ大盛況のパイレーツ号!! 当時人気を集めた秘訣は信頼にあった!?

いまでは東急トランセが引き継いで運行するパイレーツ号 変わらず大盛況のルートだ

 京浜急行電鉄が運行する「今治便パイレーツ号」は愛媛県の都市と品川を結んでいた。このパイレーツ号は夕方18時に愛媛を出発し、朝7時に都心に到着する夜間バスにも関わらず、満員になるほどの人気であった。なぜこれほどの人気を生み、今でも変わらない盛況ぶりを見せているのか。

●パイレーツ号(京浜急行電鉄〈瀬戸内運輸〉)
 今治桟橋・西条・新居浜〜浜松町・品川
 乗車・撮影日:1989年10月


(記事の内容は、2020年9月現在のものです)
執筆・写真/石川正臣
※2020年9月発売《バスマガジンvol.103》『思い出の長距離バス』より

【画像ギャラリー】京浜急行電鉄(瀬戸内運輸)が今治桟橋・西条・新居浜〜浜松町・品川で運行していたパイレーツ号(7枚)画像ギャラリー

■県庁所在地でもない土地と都心を結ぶ大盛況の路線だった

京浜急行電鉄のパイレーツ号

 今治便パイレーツ号は、県庁所在地でもない愛媛県の都市と都心を結んでいた。人口さえ少なかったが、京急が運行しているとあれば、かなりの信頼性(?)があったのだろう。

 パイレーツ号は開業当時、13時間という最長の運行所要時間だった。東京の朝のラッシュ時間にぶつからないよう、今治発発車時刻は早く、夕刻とはいえまだ明るい頃から乗務員による車庫での始業点検が始まる。

 当時、車両は担当者制。路線も担当制なので、この長い道のりを全線にわたって把握しているようで、そのプライドを感じさせてくれていた。

 潮の香りが漂う今治桟橋に2台の品川行きが着車し、18時に発車。もう秋なのに外はまだ陽が残り、明るい。

 「本日もパイレーツ号のご乗車ありがとうございます。本日は2台運行で京浜急行が担当、ご案内をさせていただきます。乗務員は○○と××です」

 普段バスに乗ると、△△バスにご乗車ありがとうございます、と会社名を先頭に挨拶されるが、路線愛称名から始まり会社名を後にする挨拶は、京急ならではのもの。地元瀬戸内運輸と同じデザインも同じサービスを提供している証でもある。

■夜間の長距離ドライバーは高速料金所係員とも顔見知り!?

相手会社、瀬戸内運輸の車両。当時の多かった路線ごとの共通カラー

 西条、新居浜と続く停車場から次々と乗車。やがて車内は満席となった。瀬戸大橋の左車線をゆっくり走り、いよいよ本州入りだ。瀬戸中央自動車道鴻池サービスエリアでトイレ休憩後、消灯となった。

 高速道路が完全に開通していないこのころは途中で高速道路を降り、一旦一般道へ。そしてまた高速道路入りを繰り返し東京へと向かう。複雑なルートも2日おきに走るベテランならお手のものだ。

 当時はもちろんETCレーンなどはなく、ゲートで収受員さんと挨拶。「今日も2台?」とくぐるゲートの係員は、夜間の長距離ドライバーはトラックも含めて顔見知りばかりといった様子だ。

 朝の始まりはまだ明けやらぬ富士川サービスエリア。東京行きの夜行便がひしめいている。他社はまだ開放していないが、京急はもうここで早朝の開放休憩となる。隣には鳥取発のキャメル号。

 同じ営業所の同僚と挨拶を交わし、「さあもう発車しないと朝のラッシュに引っかかるな」とばかりに発車。東名から首都高に入った用賀近辺で前方のカーテンが開けられ完全に起床時刻となった。

 浜松町に到着すると大半は降車し、そして終点の品川バスターミナルに到着となる。今では京急の夜行便は減少したが、同じ東京の東急トランセが引き継いで運行している。運行会社が代わっても変わらない盛況ぶりの様子であることはうれしい。

【画像ギャラリー】京浜急行電鉄(瀬戸内運輸)が今治桟橋・西条・新居浜〜浜松町・品川で運行していたパイレーツ号(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【3月29日発売】バスマガジン112号!! 名阪近鉄バス特集ほか 濃くて楽しいバスの話題と情報が満載だ!!

バスマガジン112号は路線も貸切も超充実の布陣!! 名阪近鉄バス特集ほか、[自衛隊東京大規模接種 センター シャトルバス 運行35台の記録]、スマートバス停のメーカー直撃取材レポートなど、濃くて楽しいバスの話題と情報が満載です!!