小型バス「ローザ」新型モデルを海外初導入 ~オーストラリア市場に展開~


フルモデルチェンジで装備、デザイン、燃費経済性が大きく進化した三菱ふそうの小型バス「ローザ」。オーストラリアの小型バス部門では市場初となる「衝突被害軽減ブレーキ」などの先進安全装置を新規搭載する先進のモデルだ。

文:バスマガジン編集部


日本の新スタンダードを海外でも!!

[FUSO]のロゴが乗るブラックライン。これがふそうのバスのプライドだ!!

 三菱ふそうトラック・バスはこのたび、小型バス「ローザ」の新型モデルをオーストラリア市場に導入した。この新型モデルは2021年の春にはニュージーランドでも順次発売予定。

海外市場としては初めてとなる新型「ローザ」のオーストラリア導入は、技術とデザインの両面において大幅な改善が施されている。

キャブオーバーでありながらもスッキリした車内。トランスミッションは評判のデュオニックⅡだ

 同国初となる先進安全技術に加え、フロント部分にふそうのバスのアイデンティティである「ふそうブラックベルト」デザインを採用。海外モデルでは初めて採用され、車体の外装にはLEDヘッドランプが埋め込まれた。

 さらにオーストラリアの小型バス市場では初となる「衝突被害軽減ブレーキ」、「車両逸脱警報装置」、「車両安定性制御装置」を標準で搭載。また、後部状況を把握できるバックカメラで死角の確認をサポートすることで、ドライバーの安全運転をさらに支える。

海外でも得意の送迎ユースに、大活躍すること間違いなし!!

 教育機関や高齢者支援施設への納車実績がある、本市場の「ローザ」のフルモデルチェンジにおいては、これらの先進装備が特に重要な機能改良点となった。

同時に、排出ガス規制ユーロVIに適合したエンジンや、デュアルクラッチ式AMTの搭載により、優れた燃費性能とスムーズな加速で快適な運転を実現する。

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…