鉄道ファンもこんな乗りバスを!! 空港最寄り駅へ運行するローカル路線バスの旅 その2


[その1]では列車の便とのリンクにおける、“実用性低さ”の例を挙げたが、その分“趣味的な楽しさ”がある点もおわかりいただけたかと思う。せっかく移動するなら楽しみながら、という感覚をお持ちの方へということで。[その2]ではその舞台裏も紹介。

文/写真:谷川一巳(バスマガジンvol.84より)
※掲載している料金などはバスマガジン本誌掲載時のもので現状と異なる場合があります。

【画像ギャラリー】空港最寄り駅へ運行するローカル路線バスたち


空港を発着するローカルバス事情はさまざま

出雲空港から出雲市駅へ向かう一畑バスは直江駅入口を経由する

 こんなことをしていると、さまざまな経験もする。たとえば、出雲空港からの一畑バスの空港バスは出雲市駅へ向かうが、途中、直江駅入口というバス停を通り、このバス停で降りるとJR山陰本線直江駅が徒歩3分くらいの位置にある。

 空港の券売機で直江駅入口行きのチケットを買い、バスに乗ると、運転手が「直江でいいんですね」と問われ、「はい、直江で降りてJR直江駅に歩きます」と答えると、運転手は、「直江駅は無人駅で各駅停車しか停まりませんし、駅の周りにはコンビニも何もありませんよ」と、心配な顔つきで教えてくれた。

 バス停で降りるのに、コンビニの有無までご丁寧に教えられることもそうはあるまい、と思った。

岩手県交通の盛岡と花巻空港を結ぶ空港バスは花巻空港駅を経由する

 こんな例もある。岩手県の花巻空港は花巻市にあり、JR東北本線には花巻駅とは別に、ずばり花巻空港という駅がある。実は花巻空港の旅客ターミナルは以前は滑走路の西側にあり、花巻空港駅から路線バスでアクセスできたが、新ターミナルは滑走路の東側に移転となり、花巻空港駅から空港は遠く離れてしまった。

 現在は盛岡駅から花巻空港に向かう岩手県交通の空港バスが花巻空港駅を経由して運行するにとどまっているという状況になった。

 完全に路線がなくなった例もある。福島空港が開港した当初は、福島交通の路線バスがJR東北本線須賀川駅に運行していたが、廃止になった。この路線に乗ったことがあるが、中型車で運行ながら乗客は私1人だったのを記憶している。

 鉄道が乗り入れているものの、鉄道よりバスのほうが安上がりという例もある。仙台空港へは第三セクターの仙台空港鉄道が乗り入れるが、JR東北本線との分岐駅となる名取駅までの運賃は410円もするが、仙台バスでJR東北本線館腰駅に出れば運賃は200円である。

熊本空港には運賃無料の例も

熊本空港からJR豊肥本線肥後大津へ向かう「熊本ライナー」は、バスとはいい難い車両で運行するが、運賃無料!

 最後に紹介するのは熊本空港からJR豊肥本線肥後大津駅に運行する「空港ライナー」である。ここも空港に一番近い駅への路線であるが、この路線の特徴は何といっても運賃が無料だという点である。

 熊本県他関係自治体とJR九州がお金を出して試験運行が続いている。空港バスは熊本市内で渋滞に巻き込まれるケースが多く、時間に正確な鉄道を空港アクセスに活用しようという試みである。

 路線バスといっても乗用車に毛の生えた程度のバンでの運行だが、私は複数回利用していて、利用者は着実に増えている気がする。

 一般的に考えると、空港利用時は荷物が多いことが多く、利用者の多くは「乗り換えなし」を優先して交通機関を選ぶだろう。しかし、鉄道をできるだけ利用し、最寄り駅から空港までだけをバスでシャトル輸送するというのは、本来ならもっと活用されてもいい交通手段なのである。

【その1】鉄道ファンもこんな乗りバスを!! 空港最寄り駅へ運行するローカル路線バスの旅 へ

【画像ギャラリー】空港最寄り駅へ運行するローカル路線バスたち