【国産連節バスデビュー!!】バス好きのための総合情報誌『バスマガジン Vol.100』


 バスマガジン記念すべき100号が本日より発売!! 

 2003年創刊から足かけ17年。バスマガジンは、おかげさまで記念すべき100号をむかえました。今後とも変わらぬご愛顧をお願いいたします。

 おじゃまします!バス会社潜入レポートでは神奈中グループを特集。帰ってきた‼︎ 都道府県・地域別路線バス全方位レポートでは、歴史の都である京都府を徹底網羅する。


神奈中グループ~おじゃまします!! バス会社潜入レポートSpecial~

おじゃまします!! バス会社潜入レポートでは、神奈中グループを特集!!

 神奈川中央交通は保有車両数日本一を誇るバス事業者。グループの神奈川中央交通東、神奈川中央交通西とともに神奈川県の大部分と東京都の多摩地域に路線を広げている。

 羽田空港、成田空港、川越、木更津、河口湖への高速バスも進行しているほか、特定輸送・契約貸切輸送も行っている。

 また、一般貸切バスは神奈中観光を中心に行っている。幅広く活躍する神奈中グループに潜入し、路線、使っている車両、そして歴史について解説する。

国産初ハイブリット連節バスがついに走り出す!!

ついに国産初のハイブリット連節バスが走り出す!!

 2015年2月、横浜市は将来にわたり輝き続け、魅力あふれる都心臨海部を形成するため「都心臨海部再生マスタープラン」を策定し、まちの賑わい創出に寄与する新たな交通システムの導入方針を打ち出した。横浜駅東口と山下ふ頭を結ぶ水際線沿いに連節バス導入が決定された。

 2020年2月10日に日野自動車といすゞ自動車の共同開発による国産初のハイブリット連結バス「BAYSIDE BULE」が横浜ハンマーヘッド(新港ふ頭客船ターミナル)」にてお披露目された。

 連結バスは2両編成と思われがちだが、あくまでも折れ曲がり機能を持つ1両のバスだ。海外では多くの都市のバス事業者が導入しているが、これまで日本では一部の都市に限られていた。

 車両が外国製のみだった点と、メンテナンス性や部品供給面での課題があったことと、国産を望む声が大きかったという。

 国産初のハイブリット連結バス「BAYSIDE BULE」の車両発表会の様子とともに、このバスの魅力を写真とともに紹介する。

次ページは : オノエンスターEVデビュー!!

最新号

ベストカー最新号

沖縄市を中心に運行する那覇バスを特集!! |バスマガジン106号

バスマガジン Vol.106は本日発売!!おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、那覇バスを特集。さらに東日本大震災から10年大船渡線・気仙沼線BRTを特集する。