バス路線図から読み解くゼロ戦を運んだ牛車の道  〜名古屋市営バスのあゆみ〜


 バス事業者とそれに関わる歴史をたどるこのコーナー。長く紡いできたバスの歴史を振り返るバスマガジンの人気連載が「バスのちょこっとヒストリア」だ。

 今回は太平洋戦争とそれに伴ってきたバスの関わりを紹介する。2015年11月11日、県営名古屋空港(小牧)の滑走路から一機の小型旅客機が大空へ舞い上がった。この飛行機の名はMRJ、日本初の国産ジェット旅客機である。

 MRJ初飛行成功のニュースは、この飛行機を制作した三菱航空機が、かつて太平洋戦争での日本を代表する戦闘機「ゼロ戦」を制作した航空機メーカーであることを人々の記憶の底から呼び覚ました。

撮影・執筆■諸井 泉(特記を除く/バスマガジンvol.81より)
※内容は2016年の取材時のものです
◆資料収集及び取材協力
三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所史料室、名古屋市営交通資料センター、柘運送、日本バス友の会バス資料室
◆参考文献
市営交通70年のあゆみ(名古屋市交通局1992年8月発行)

【画像ギャラリー】当時の最先端技術の結晶が、驚く方法で輸送されていた!?


機体を破損しないように牛車で運ばれたゼロ戦の道!?

1935年(昭和10)頃の名古屋駅前風景。様々な型のバスが並んでいるのが見える/写真提供:市営交通資料センター

 県営名古屋空港に隣接した三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所の一角に史料室がある。そこにはゼロ戦や日本初のロケット戦闘機・秋水の復元機が展示されている。その中にあった1枚の絵にふと目が止まった。

 その絵は、分解されたゼロ戦の機体が荷車に積まれ、それを牛が引いて運搬しているもので、解説員の説明によると飛行機を完成させてもそれを飛ばす飛行場が近くになく、三菱重工名古屋航空機製作所大江工場から48キロも離れた旧陸軍・各務が原飛行場まで2日がかりで運んで試験飛行を行っていたというのである。

 当時の道はまだ未舗装で、トラックで運ぶとその振動で積み荷の飛行機が破損する恐れがあるため、胴体と翼に分解して荷車に載せ、動きのゆっくりした牛に引かせて運搬する方法が使われていたのである。

 にわかに信じがたいこの史実は、ジブリ映画「風立ちぬ」でも同様のシーンが何度か登場している。はたしてこの輸送が本当に行われ、どのルートを通って運んでいたのか、一枚の絵からゼロ戦を運んだ牛車の道を探る旅を始めた。

市営バス創成期の路線網が形成され、効率化が計られた

第1次から第4次までの買収バス路線図/市営交通70年のあゆみより

 まずは当時の交通事情を調べるため、名古屋市中区の名古屋市営交通資料センターを訪ねた。ここの蔵書「市営交通70年のあゆみ」には創業から戦時輸送、戦後の復興と発展、路面電車の衰退と廃止、バス事業の財政再建のスタートと市営交通の歴史が詳しく紹介されている。

ここに昭和初期の名古屋駅前の様子を写した貴重な写真がある。名古屋駅を背景に様々なタイプのバスが並んでいるのが見える。大正末期から昭和初期にかけて名古屋市内には多くのバス会社が乱立、乗客の争奪戦が繰り広げられていたが、市営交通事業の安定と過当競争の不合理を解消することを目的に、市内交通機関の買収統合が図られた。

 買収は1935年の12月の第1次を皮切りに40年2月の第4次買収の計4回行われ、バス路線は運行系統の整理統合により無駄のない経済的な運行が図られ、ここに市営バス創成期の路線網が形成されたのである。

 なお、追跡調査していたゼロ戦輸送路であるが、37年の「市営電車バス営業路線図」にその手掛かりを見つけることができた。

 これまでの調査では、ゼロ戦輸送が「郡道」と呼ばれる愛知県内に整備された幹線ルートを通っていたこと、通過地点が三菱重工大江工場を起点に金山、熱田神宮、鶴舞公園、大曾根、水分橋を通り、小牧、犬山、各務ヶ原へ至っていたことがわかっていた。

 それを37年(昭和12)の市営電車バス営業路線図で調べてみると記載された路線網とほぼ一致、ゼロ戦輸送路を市電市バス路線図から読み解くことができたのである。

次ページは : バス路線図から「飛行場」というバス停が確認できた