おじゃまします! バス会社潜入レポート ジェイ・アール北海道バス編【その2】


 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー。今回は2016年に遡って、11月発売号で掲載した、ジェイ・アール北海道バス編を振り返って紹介する(記事の内容は、2016年11月現在のものです)。

 組織の歴史は独立後、まだ21年(2021年現在)と浅いジェイ・アール北海道バス。しかしこの独立するまでの実際の業務は、国鉄時代の1934年から始まり、札幌エリアの旅客運送を担っている。

 この2回目では、道内各所を結ぶ高速路線とプロスポーツのアスリート送迎用貸切車を紹介。その事業の幅広さをお見せする。

構成・執筆・写真(特記を除く)/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2016年11月発売「バスマガジンVol.80」より

【画像ギャラリー】ジェイ・アール北海道バスの路線風景と所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート ジェイ・アール北海道バス編【所有車両/一般路線車1】


■高速線は札幌発の6路線を運行 貸切車は札幌営業所に集中配置

●時計台前の貸切バス

札幌市のシンボル・時計台付近は、札樽線と空知線の分岐点でもある。市内観光コースには欠かせず、貸切バスも頻繁に通過する

 高速バスは、国鉄時代に札樽線の一部を高速経由とし、現在は2ルートの札幌~小樽間「おたる号」を北海道中央バスと共同運行する。

 90年代には札幌~帯広間「ポテトライナー」と札幌~紋別(もんべつ)間「流氷紋別号」を共同運行で開業したほか、中央バス単独運行だった札幌~旭川間「あさひかわ号」に道北バスとともに参入した。

 00年代に入ると、札幌~えりも間「えりも号」と札幌~広尾間「ひろおサンタ号」を同社単独で開業。帰省シーズンには札幌~えりも~広尾間の「えりも・ひろお号」が加わる。

 貸切バスは事業者評価認定で『三ツ星』“”を獲得。そのほとんどは札幌営業所に配置され、同営業所に貸切センターが設置されている。コンサドーレ札幌と日本ハムファイターズの選手輸送も担当しており、チームカラーをまとった専用車両が使用されている。

■プロ野球とJリーグの選手輸送などに活躍

●ファイターズ号

北海道日本ハムファイターズの選手輸送は2003(平成15)年に受託。3代目の専用車・三菱ふそうBKG-MS96JP(称号744-7951・7952)に続き、この秋、4代目となる日野セレガQKG-RU1ESBAが登場した

 今年、日本シリーズを制した北海道日本ハムファイターズ。選手輸送はジェイ・アール北海道バスの仕事で、ユニフォームと同じデザインのエアロクィーン「ファイターズ号」が選手を送迎した。またシリーズ終了直後には、4代目の専用車となるセレガSHDが登録されている。

 一方、JR北海道がオフィシャルパートナーを務めるコンサドーレ札幌の選手輸送も担当。こちらはチームカラーをまとった3代目「コンサドーレ号」として、エアロクィーンが活躍中だ。

JR北海道バスの称号

おじゃまします! バス会社潜入レポート ジェイ・アール北海道バス編【その1】

【画像ギャラリー】ジェイ・アール北海道バスの路線風景と所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート ジェイ・アール北海道バス編【所有車両その1 一般路線車/日野・いすゞ】

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…