おじゃまします! バス会社潜入レポート 神姫バスグループ編【その2】


 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー。今回は2017年に遡って、1月発売号で掲載した、神姫バス編を振り返って紹介する。
(記事の内容は、2017年1月現在のものです)

 神姫バスにはグループ会社として、神崎・西脇・篠山方面の路線バスを運行している神姫グリーンバス、相生・赤穂・山崎方面の路線バスを運行しているウエスト神姫、 西神方面の路線バス を運行する神姫ゾーンバス、そして貸切バス事業者である神姫観光バスがある。

 エリアごと、業種ごとに力を合わせて広いエリアのバス運行を展開している。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2017年1月発売「バスマガジンVol.81」より

【画像ギャラリー】神姫バスが走る風景と神姫バスの所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート 神姫バスグループ編【その2/日野2008年式~】


■グループ4社もバス事業を分担 地域と事業の特性に合わせ運営

●小野市役所前のらんらんバス

全国のそろばんの約7割を生産するという小野市。珠が西暦を示すそろばんのオブジェの前に、同市のコミュニティバスが停車する

 神姫バス粟賀(あわが)営業所の路線を引き継いで設立されたのが、神姫グリーンバスである。その後、篠山(ささやま)営業所の全路線、社出張所の一部路線の移管を受けたほか、社出張所の一部路線の運行を受託し、JR姫新(きしん)線以東の郡部路線を担当する形となった。

 ウエスト神姫は相生市に本社を置き、相生・赤穂営業所の全路線と山崎出張所の一部路線の移管を受けて営業。山崎出張所の残りの路線の運行も受託することから、JR姫新線以西の郡部路線を担当する形である。また神戸三宮~山崎間の高速バスも運行している。

 神姫ゾーンバスは、神戸電鉄粟生(あお)線の沿線に開発された団地輸送を行うため、小回りの利く地域分社として設立された。

●御崎港

赤穂市に営業所を持つウエスト神姫。御崎(みさき)から播州赤穂駅をめざす一番バスが、釣り船の並ぶ御崎港を横目に見ながら走る

 西神・窟屋(いわや)営業所を拠点にベッドタウンの足を担うほか、三木営業所の一部路線の運行を受託する。またエリア内の大学や高校の学生・生徒輸送を特定バス事業として受託している。

 神姫バスの貸切バス部門を分社して設立されたのが、神姫観光バスである。営業所は姫路、小野、西神、龍野、神戸、大阪に置かれ、大阪には中国ハイウェイバスの車両も待機・駐泊する。旅行業は神姫バスツアーズが営業し、ハイグレード車両を使ったこだわりの旅「真結(ゆい)」が人気を集めている。

■安全運転教習車が活躍! 乗務員のスキルを磨く研修センター

1962(昭和37)年に開設、1972(昭和47)年に新築・拡充された「神姫バス研修センター」。新人運転士にはまず座学で、日常業務、車両知識、運賃知識、ワンマン操作手順などの研修が行われている

 姫路市御国野町にある「神姫バス研修センター」は、神姫バスグループの乗務員教育施設。

 新人に対する基礎訓練、入社6か月後訓練、1年後訓練、2年後モチベーションアップ研修、すべての乗務員が3年に1回参加する安全運転総合研修のほか、シニア乗務員、事故惹起者、中長距離高速バス乗務員、貸切バス乗務員などに特化した研修プログラムが実施されている。

「安全運転教習車」は車内外カメラ、運転席足元カメラ、ドライブレコーダー、使用燃料メスシリンダー、アクセルペダル開度メーターなどを装備。運転士の特性を分析し、安全運転指導を行っている

 ここでは乗務員の運転状況をデータとして取集し、運転技術の指導を行う「安全運転教習車」が活躍している。

おじゃまします! バス会社潜入レポート 神姫バス編【その1】

【画像ギャラリー】神姫バスが走る風景と神姫バスの所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート 神姫バスグループ編【その2/日野2008年式~】

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…