路線バスの車窓から見る富士山が絶景すぎるってマジ!?

路線バスの車窓から見る富士山が絶景すぎるってマジ!?

 路線バスでの移動といえば普段の通勤や通学だが、バス旅となると景色のいい場所や眺望の良いスポットを巡りたい。そんな風景を求めて路線バスに乗車した。日本一の景色を見ることができるのか、命の洗濯になるのだろうか。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)
(詳細写真は記事末尾の画像ギャラリーからご覧いただくか、写真付き記事はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBでご覧ください)

■変わる沼津駅バスターミナル

沼津駅は方向別乗り場になりより便利に
沼津駅は方向別乗り場になりより便利に

 今回のバス旅は静岡県沼津市からスタートする。筆者も何度となく訪れているが、今回も路線バスに乗車する。沼津駅南口には東海バス、伊豆箱根バス、富士急シティバスの3社が乗り入れている。2021年4月に乗り場を変更して方面別にして、案内表示も統一された。

いたるところに「例」のキャラクターが…
いたるところに「例」のキャラクターが…

 これにより利便性が格段によくなった。さらに2021年末には沼津駅南口にデジタルサイネージを設置し、駅からバスターミナルに向かう前に、乗りたいバスがどこから何分に出発するのかが一目で分かるようになった。

 今回乗車するのは3番乗り場から東海バスオレンジシャトル西浦線である。駅前のバスターミナルに向かうと、既にバスが停車していた。行き先表示には「富士山ビューライン 木負(きしょう)」と書かれている。早速乗車して窓側の座席を確保した。

■絶景かな!

まずは市街地を抜ける
まずは市街地を抜ける

 発車時刻になり、バスは出発した。東海バスオレンジシャトル西浦線は沼津駅を出ると市内の商業地や住宅地を抜けて、沼津市南部にある内浦地区、西浦地区へ向けて走る。途中の沼津御用邸記念公園やマリーナが集まる獅子浜を抜け、20分ほど走れば右手に海が見えてくる。

市街地を抜けると風景は海に変わる
市街地を抜けると風景は海に変わる

 その後は江浦湾、内浦湾を見ながら、後方には富士山を望むことができる。まさに日本一の車窓と言っても過言ではない絶景が広がる。乗車日は平日で筆者を含めて数人しか乗車していなかったが、週末には多くの乗客で混雑する。

■富士山!

おおお!! 絶景かな!
おおお!! 絶景かな!

 約45分走ると、バスは内浦地区にある「伊豆三津シーパラダイス前」バス停に到着し、筆者は他の数人とともにここで下車した。目の前に伊豆三津シーパラダイスという水族館があり、最寄りバス停となっている。

 駐車場横には伊豆箱根バスのバス停も設置され、伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅までバス路線が繋がっている。ここで富士山を満喫するのももちろんオススメであるが、今回はもう少し先まで向かってみよう。

■オンデマンドで効率よく回る!

通常のタクシー
通常のタクシー

 先へ向かうには前述の路線に乗車すればいいが、若干の注意が必要だ。以前は沼津駅からこの先の内浦から西浦地区、そして江梨地区、大瀬岬までバス路線があったのだが、2021年3月末をもって江梨~大瀬岬間が廃止となった。また江梨まで向かうにもダイヤ改正により現在は午後に沼津駅を出発するバスでないと向かうことができなくなった。

 先ほど乗車したバスも行き先は「木負」となっていたが、そこは西浦地区の少し手前だ。さらに先へは徒歩かタクシー、あるいは予約制の乗合タクシー「ふじみgo!」が運行されている。ワゴンタイプのタクシーで、1日最大7往復で予約のあったダイヤ・区間のみ運行を行うシステムだ。

行燈も控えめ?
行燈も控えめ?

 通常のタクシーに乗車するよりも割安で、運行ルート上であればどこからでも乗降可能だ。決まった時刻表があるので、その2~3時間前までに電話で予約する流れだが、バスとうまく組み合わせれば効率よく移動できるので積極的に利用したい。ちなみに沼津市民は割引運賃で乗車可能だそうだ。乗車自体は観光で訪れた県外在住者でも可能なのでダイヤを見てうまく活用したい。

次ページは : ■タクシーもラッピング!

最新号

【3月27日発売】巻頭特集は「立川バス」と「エルガEV試乗」!! 楽しいバスの企画満載の バスマガジン124号!!

【3月27日発売】巻頭特集は「立川バス」と「エルガEV試乗」!! 楽しいバスの企画満載の バスマガジン124号!!

【3月27日発売】巻頭特集は「立川バス」と「エルガEV試乗」!! 楽しいバスの企画満載の バスマガジン124号!!