【レインボーにもAT追加】日野ブルーリボンとレインボーが改良実施!! 燃費向上も大きなトピックだ


 いすゞエルガ/エルガミオの改良新型の登場に引き続き、日野も大型路線バスブルーリボンと、中型路線バスレインボーに改良新型を登場させた。

 現段階で発表されているプレスリリースの内容を中心に紹介していこう。

文:編集部/写真:日野自動車


■燃費向上とAT追加で事業者にも優しい新型に

新型ブルーリボン

 日野自動車は大型路線バス「日野ブルーリボン」・中型路線バス「日野レインボー」の一部改良と、「日野レインボー」にAT車を新規追加設定し、7月1日に発売する。

 今回の大きな改良点としては、ブルーリボンとレインボーのアイドリングストップに関する仕様変更を実施。これにより燃費性能を向上させているのは大きなポイントだ。

新型レインボー

 全車で平成27年度重量車燃費基準を達成し、車両総重量14トン超のAT車は新たに+10%(自動車重量税 75%減税、自動車税環境性能割 非課税)、14トン超AMT車は引き続き同基準+15%(自動車重量税 免税、自動車税環境性能割 非課税)。

 レインボーにはATを追加しているのもポイント。今後街中で見かける機会も増えてくるだろう。