博多エリアでバスに乗り放題!? まさかのデジタルチケット「天神・博多 乗レール買エールチケット」を発売!


 西日本鉄道(西鉄)と九州旅客鉄道(JR九州)および天神・博多エリアに位置する商業施設18施設は、2021年7月22日よりトヨタファイナンシャルサービスが提供するマルチモーダルモビリティサービス「my route」内で、「天神・博多 乗レール買エールチケット」を販売している。

 これはJR九州の列車や西鉄電車・バスと天神・博多の商業施設の特典を組み合わせた連携チケットで、新型コロナウイルスのまん延で商業施設が苦境に立たされる中で経済効果を狙う。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】都心部バス乗り放題チケットも付く「天神・博多 乗レール買エールチケット」が発売開始


移動と買い物がセットになったきっぷ

 列車・バス等の公共交通や天神・博多などの都心部に位置する商業施設は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による生活様式の変化や、都心部への出控えなどによる移動需要が減少しており厳しい状況が続いている。

 この状況において公共交通事業者と商業施設が連携し、天神・博多の“まち”が一体となり一刻も早い都心部の賑わいを取り戻す目的があるようだ。

西鉄バス都心150円エリア内のフリー乗車券が付く

 「天神・博多 乗レール買エールチケット」は、土日祝日限定の乗車券だ。JR九州または西鉄電車の最寄り駅からの「往復乗車券」と天神〜博多エリアで使える「西鉄バスフリー乗車券」、さらに参画している商業施設で使える「1000 円分のショッピングチケット引換券」がセットになっている。

 当チケットは「my route」内で販売しているためスマホ限定で、乗り換え案内を含めてトータルで移動や買い物をサポートする。

発駅は限定されるが西鉄・JRともに複数が設定される

 販売期間は7月22日(木・祝)から8月29日(日)までの土日祝日限定だが、8月14日(土)と8月15日(日)は発売しない。また発売は購入当日分に限るので前売りはない。

 きっぷの有効期間は発売当日の1日間だが、ショッピングチケットの有効期限は施設によって異るので購入当日とは限らない。 セット内容は「往復乗車券」+「西鉄バスフリー乗車券」+「1,000円分のショッピングチケット引換券」。

 往復乗車券で乗車できるのは西鉄電車の特急・急行・普通列車またはJR九州の快速・普通列車のいずれか。バスフリー乗車券の有効区間は天神・博多エリアの「都心150 円エリア」。ショッピングチケット引換券は小児用も1000円分が付く。

福岡都心150円均一区間内は乗り放題

乗車券の発売額は?

 発売額は西鉄電車利用がいずれも西鉄福岡着で、西鉄二日市・太宰府発が1550円(大人・以下同じ)、西鉄久留⽶・北野発が1950円、西鉄柳川・甘木発が2200円、大牟田発が2450円だ。 JR九州利用の場合はいずれも博多着で、赤間発が1800円、福間発が1600円、鳥栖発が1700円、久留米発が1900円だ。

券面イメージ(西鉄電車利用)

 以上の設定された発駅しか販売されないので注意が必要だ。ショッピングチケット1000円分を無割引としても、残額がバスフリー乗車券と往復割引運賃だと考えるとかなりお得だと言えるのではないだろうか。

次ページは :  発売・利用方法は?

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…