沖縄市を中心に運行する那覇バスを特集!! |バスマガジン106号

バスマガジン106号

 バスマガジン Vol.106は本日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!

 おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、那覇バスを特集。さらに東日本大震災から10年大船渡線・気仙沼線BRTを特集する。

 都道府県・地域別路線バス全方位レポートでは、岡山県を徹底網羅する。バスづくりの新勢力から!では 「オノエンスターEV7.0 2021モデル」を紹介。


おじゃまします!バス会社潜入レポート~那覇バス~

おじゃまします!バス会社潜入レポート~那覇バス~

 那覇バスは沖縄県那覇市を中心として、北は北中城村、南は糸満市に至る路線バスを運行。高速バスは那覇市と名護市・本部町を結んでいる。

 定期観光バスは那覇市を起点として、本島南部・中北部・北部を周遊する3コースを営業。貸切バスは沖縄本島全域を事業区域とする。県内の琉球バス交通とともに第一交通産業グループの事業者である。

 那覇バスが所有するバスの写真、所有車両情報、本社・営業所・車庫や、歴史等幅広く紹介する。

東日本大震災から10年 気仙沼線・大船渡線BRTの成長

気仙沼線は専用道を次々に延伸し、大船渡線は市街地の駅を増やした

 2021年3月11日、東日本大震災からちょうど10年の日を迎えた。津波で大きな被害を受けたJR気仙沼線・大船渡線の沿岸部について、JR東日本は鉄道での復旧を断念。

 BRT(バス高速輸送システム)として営業を再開した。

 以来、地域のニーズに応えたルート変更や新駅開業、ダイヤ改正を重ねて利用者にしっかり定着。2020年4月1日には鉄道事業を正式に廃止した。ここでは気仙沼線・大船渡線BRTの開業時と現在を比較して、その成長ぶりを振り返ってみたい。

次ページは : 都道府県別地域別路線バス全方位レポート「岡山県」

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…