たび重なる延長区間の追加が成功!! いまも続く人気の長距離バスが 奈良交通の特急やまと号【高速バスアーカイブ第14弾】


 古き良き、高速バスが百花繚乱だった時代のルートや車両をアーカイブ記事として紹介するこのコーナー。今回は首都圏と関西を結ぶ長距離バスだ。

 1988年の新宿便、特急やまと号に始まる奈良交通の高速路線。翌89年には同じ新宿行きに近鉄高田駅発便、福岡便、そして横浜、大宮、千葉と東京隣接3県へと新規開業し、夜行は6路線となった。

●データ[やまと号運行の変遷]
・近鉄奈良駅〜小倉駅前〜福岡天神 (全線廃止)
・近鉄奈良駅〜新宿駅〜京王プラザホテル(既存)
・五条バスセンター(延長区間)〜近鉄高田駅〜新宿駅―京王プラザホテル(既存)
・五位堂駅〜王寺駅〜法隆寺(延長区間)〜近鉄奈良駅〜横浜〜上大岡駅〜本郷車庫(千葉線と合併。奈良〜横浜は千葉線となる)
・学研都市田辺〜学研都市精華(延長区間)〜近鉄奈良駅〜西船橋駅〜東京ディズニーランド(横浜線と合併。奈良側廃止して横浜線を引き継ぐ)
・生駒駅〜学園前駅〜高の原駅(延長区間)〜近鉄奈良駅〜川口駅〜浦和駅〜大宮駅

執筆/写真:石川正臣
※2016年9月発売「バスマガジンVol.79」より

【画像ギャラリー】当時の運行料金表も紹介!! 大宮を東の拠点に生駒〜奈良を繋いだ「特急やまと号」