出張途中に立ち寄り温泉!? 福岡県福智町で無料バスが大活躍!!


 おうち時間が長くなりリモートワークが増えたとはいえ、出張自体がなくなるわけではないし、かといって本格的な旅行に出かける空気でもない。それでも以前よりは比較的時間は自由になる出張時に、ちょっとだけ足を伸ばして心身ともに癒していただけたらという趣旨で、福岡県の温泉のひとつを紹介する。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】出張途中に立ち寄り温泉!駅からの無料バスが大活躍(16枚)画像ギャラリー

鉄道あるの?バスあるの?

 今回紹介するのは記者が出張の際によく行く「源泉かけ流し温泉 ほうじょう温泉ふじ湯の里」だ。どこにあるのかというと、福岡県田川郡福智町。がっつり筑豊地方なので昔は炭鉱で栄えた地域だが、閉山とともに人口は減少の一途をたどり周辺の鉄道路線も次々と廃止された。

ほうじょう温泉ふじ湯の里

 福智町は福岡県でも中央部に位置し、福岡市よりも若干だが北九州市に近い。鉄道は国鉄伊田線や糸田線を引き継いだ平成筑豊鉄道が運行している。バス路線も西鉄が多く走っていたが、現在ではほとんど廃止されてしまって数路線が残るだけだ。

 特に少子高齢化が進んでいる地域なので交通弱者が多く、救済のために巡回福祉バスが走っている。なんと運賃は無料で、福祉バスという名称になっているが誰でも乗車できる。5路線のうち2路線が「ほうじょう温泉」を経由するほか、同施設の直営で平成筑豊鉄道金田駅から無料送迎バスが出ている。

無料送迎バスはマイクロバス

 いずれのバスもマイクロバスでの運行だが、運賃は無料で平成筑豊鉄道のダイヤに合わせられているので、列車を選べば連絡はスムーズだ。金田駅には福岡市、または北九州市からは直方駅経由で平成筑豊鉄道を利用して行くことができるほか、後述するがバスファンには福岡からバスを乗り継いでいくことも可能だ。

自販機で温泉売ってます!

 金田駅から送迎バスに乗車すれば10分ほどで到着する。巡回福祉バスを含めたダイヤなどは、画像ギャラリーに収録しているので参考にしていただきたい。駐車場を見るとやはり地元利用が多く、自家用車での来場が多いものの送迎バスにも数人は乗車していたので、鉄道利用者も少数ながらいるようだ。

温泉の自販機は100リットル100円!

 駐車場の奥には温泉の自動販売機があり、100円で100リットル購入できる。さすがに旅行者だと利用は無理だが、気に入れば次回クルマで来るときに20リットルタンクを5個トランクに詰めて行けば、温泉が買える。

泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉

 この温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性 低張性温泉)で、源泉を利用している施設はここだけだ。一般的な温泉の効能はもちろんだが、最近はコロナの影響で、マスクが欠かせないことによる肌荒れには良い。温泉で何度も顔を洗い流して風にさらせば、結構回復したのでお試しのほどを。

温泉分析書

 館内に入ると手をエタノール消毒をして靴を脱ぎ下駄箱に入れる。10円のコイン式なので10円がかかる。次にサーモカメラの前を通過して体温測定を行い、自販機で入浴券を購入する。大人650円。下駄箱のキーと入浴券をフロントに出せばロッカーキーをくれるので脱衣場に入る。後は一般的な銭湯と同じだ。

江戸っ子には物足りない?

 温泉の源泉温度は摂氏38度なので、真偽のほどは定かではないが、熱い風呂が好きと言われる江戸っ子には物足りないかもしれないが、露天風呂では長湯ができるので、風を受けてゆったりと出張の疲れをいやしていただきたい。

入浴料は大人650円

 温泉を出ると広大な畳敷きの休息室があるので自由に使用して構わない。また中庭には無料の足湯があるので、これだけを利用するのであれば無料だ。喫煙所も中庭にある。さらに施設の奥には「筑豊ラーメン山小屋」の店舗がある。

次ページは : 福岡からバスだけでもアクセス可能

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!