都営「都02」系統の不思議!!  地下鉄との並走距離が長いのにバスの乗車率が高いワケとは


 今回の乗りバスレポートは都営バス「都02」系統だ。錦糸町駅前(北側)から大塚駅前を結ぶ路線だ。ほぼ全区間50分の車窓をタイムラプスで2分程度に圧縮した動画を収録したので雰囲気だけでもお楽しみいただきたい。また画像ギャラリーはかつて都02系統を担当していた大塚支所の在りし日の写真を集めてみた。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
写真:小野寺利右
(動画がご覧になれない場合はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBからご視聴ください)

【画像ギャラリー】都営バス「都02」系統に乗りバス!かつての大塚支所写真集(36枚)画像ギャラリー

錦糸町駅前

 錦糸町駅前は駅の南北にターミナルがある。規模は南側の方が大きいが、都02系統は北側から発車する。担当は巣鴨営業所だ。

錦糸町駅前(北側)乗車停留所

 錦糸町駅前を出た都02系統は錦糸公園や大規模商業施設であるオリナスの横を通り、蔵前橋通りに入る。石原一丁目で清澄通りを北上する。この区間は都営大江戸線の上を走る。

 ではここで件のタイムラプス動画をご覧いただこう。ご覧になれない場合はバスマガジンWEBかベストカーWEBから視聴可能なのでお楽しみいただきたい。

都営バス 都02系統 車窓タイムラプス

路線のほとんどは春日通り!

 本所一丁目で春日通りに入り西に向けて走るが、都営大江戸線も同じように西に向けて地下で曲がっている。厩橋(うまやばし)を渡り墨田区から台東区に入る。

隅田川

 そして蔵前駅前で都営大江戸線と都営浅草線に接続する。ちなみに蔵前駅は2線が都営地下鉄だがつながっておらず必ず改札外しかも地上乗り換えになるので、都営同士でも乗り換えが厄介な駅のひとつだ。

バス停に近い蔵前駅は大江戸線の駅で浅草線はここではない

 都02系統は大江戸線の駅の上に停車する。大江戸線がまだ並走しているが、つくばエクスプレスも合流し、新御徒町駅前で両線と接続する。御徒町駅前で都営大江戸線の他、JR線と接続する。

新御徒町駅は大江戸線とTXに乗り換え可能

バスのきめ細やかさが光る!

 御徒町付近は、JR御徒町駅、都営大江戸線上野御徒町駅、銀座線上野広小路駅が重なるように近接していて、駅目は違うものの徒歩で乗り換えができる駅だ。

上野広小路は銀座線と大江戸線が便利

 しかしバスはきめ細かに停車するので、御徒町駅前や次の上野広小路バス停を使い分けることにより最短でアクセスできる。概ねこのあたりで乗客が入れ替わる。

 御徒町界隈を抜けると坂道になり、湯島三丁目は千代田線湯島駅に接続し、湯島天満宮(湯島天神)に近い。本郷三丁目駅前で都営大江戸線と接続する。

湯島天神はいつも参拝客でにぎわう

 なお丸ノ内線は少し離れたところに駅がある。春日通りは北西にカーブするが都02系統も同じように北西に向ける。なお、大江戸線はまだ並走している。

大江戸線はどこまで?

 春日駅前で都営大江戸線と南北線に接続する。池袋駅に向かう都02系統の別系統である「都02乙」はこの付近で合流する。この先の中央大学後楽園キャンパス付近で大江戸線とはお別れ。蔵前駅から春日駅まで実に5駅分を並走したことになる。

春日駅前

 大江戸線が去ったと思ったら今度は茗荷谷駅前で丸ノ内線と接続し、ここからしばらくは同線が並走する。次の窪町小学校停留所はかつて大塚車庫前だった巣鴨営業所大塚支所があった場所だ。

大塚駅前降車専用停留所

 都02は大塚支所の管轄だったが廃止後に巣鴨営業所に移管された。新大塚で丸ノ内線と接続し同線はここで離れて池袋へと向かう。同時に都02系統も春日通りを離れ、ほどなくして終点の大塚駅前に到着する。

降車扱いをした後は車内点検をして回送する

次ページは : JRと都電接続

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!