まるで初詣御用達バス!! 都営「草24」系統はずーっと斜めに進む路線!?

「草24」系統は華麗に転線する初詣御用達路線?

 乗りバスレポート、今回は都営バスの「草24」系統だ。城東地区を斜めに横断する路線で、観光地や商業地を通りながら東西に走る鉄道路線を連絡する任務も担う。担当営業所は江戸川営業所臨海支所だ。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
写真:小野寺利右

【画像ギャラリー】都営バス「草24」系統が華麗に転線!沿線画像集(18枚)画像ギャラリー

スタートは雷門から少し離れた浅草寿町

 草24は都営新宿線・東大島駅から浅草寿町までのおよそ9Km弱を40分ほどかけて走る。都営新宿線・JR総武緩行線・都営浅草線や東京メトロ銀座線と連絡する。今回は浅草側から東大島に向けて乗車した。

浅草寿町に到着した草24(臨海支所・D338 いすゞエルガ)

 歴史的な経緯は省くが、元々は浅草寿町から亀戸駅前・東大島駅前を通り、葛西橋まで直通していた路線が分割されたものだ。亀戸駅前-葛西橋間は亀24系統として現存し、亀戸駅前-東大島駅入口間は重複路線である。

バス停は終点でもあり始発でもあるので反対車線に停留所はない

 浅草寿町は観光地である雷門より南側の浅草通りに位置し、東大島方面から到着したバスはこの停留所で待機したうえで、当停留所始発のバスとしてループを形成し方向転換の必要なく雷門方向へ出発する。

浅草寿町に到着直後の側面方向表示器

 国際通り・雷門通りを走り最初の停留所である「浅草雷門」に停車する。乗車が多いのはやはり雷門で、時間帯にもよるがほぼ満席になる。左側に座っていると雷門の目の前を通るのでよくわかる。スカイツリーを正面に見て吾妻橋を渡ると台東区から墨田区に入る。

そのまま東大島駅前行きとなった草24系統

 吾妻橋を渡るとすぐに右折してここから東大島に向けて主要交差点で「転線」しながら斜め移動が始まる。本所一丁目で春日通りに入り進路を南から東に取る。大きな通りだが、このあたりの春日通りを走るのは草24のみだ。横川からは進路を南に変え、半蔵門線の上を走る。そのまま直進し続ければ錦糸町駅に至る。

 ところで本稿では「転線」という言葉を多用しているが、本来は鉄道用語である。例えばJRの特急・新宿さざなみ号は千葉方面から総武快速線を走って錦糸町駅を出ると総武緩行線に「転線」し、さらに御茶ノ水駅の先で中央急行線に「転線」し新宿に至る。こういう使い方をするのだが、路線バスはできれば直線的になるべくなら曲がる回数は少なく設定したい。その方が経済的で効率的なためだ。

赤線が草24系統の経路(東京都交通局・バス運行情報サービスより)

 しかし草24系統は昔からある路線ということもあり全線にわたり、ひたすら交差点を曲がり続け全体としては斜め移動しているように見えるので、あえて「転線」という表現を使用している。

武蔵国から下総国へ華麗に転線!

 ところが錦糸町には行かずに太平四丁目で蔵前橋通りに入り再び進路を東に向ける。横十間川を渡ると江東区に入る。この川は現在では区界になっているが、昔は国境で今まで走ってきた西側は武蔵、これから入る江東区側は下総だった。

比較的大きな交差点を南に西にと転線する

 すぐに「亀戸天神前」に停車する。天満宮や天神と称する神社は菅原道真が京都から福岡に流される途中で立ち寄った場所等、西日本各地に存在するが東日本にあるのは不思議な話だ。

 太宰府天満宮の神官が江戸時代に天満宮を広げるために諸国を巡り当地で建立したのが亀戸天神社の始まりとされている。江戸幕府は明暦の大火の被災地を復興させるための鎮守として当地を寄進し社殿を建設した。

日曜日は亀戸付近の歩行者天国のために迂回して駅前ターミナルの脇に出る

 通常はそのまま明治通りまで走り、進路を南に変えて亀戸四丁目を経由して亀戸駅前に至るが、乗車した曜日が日曜日だったので歩行者天国を迂回するために手前で右折し、直接亀戸駅前のバスターミナルに出て明治通りに入るルートを取る。よって日曜日は亀戸四丁目は通過扱いだ。

次ページは : 亀戸駅前-東大島駅入口は亀24との重複路線

最新号

ベストカー最新号

連節バスも普通に走る京成バス特集 ほか濃密な最新バス情報を満載!! バスマガジン110号

バスマガジン Vol.110は11月27日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…