オージ製の方向幕表示機【特集・方向幕の世界】


 バスの先頭や側面で行先を表示するのが方向幕。最近LED化が進んでいて、ファンにとっては寂しい限りだ。「方向幕の世界」では、昔ながらのモーターでスクロールする様々な地方の方向幕をご紹介する。

 東京都内を走るバス事業者の方向幕を見ていると、たびたび登場するのがオージ製の方向幕表示機。今回はオージ製方向幕について仕様と、使用事業者をご紹介する。

文/写真:高木純一(バスマガジンvol.83より)

【画像ギャラリー】特徴的な作動をするオージの方向幕


オージ製方向幕表示機には大まかにいうと3種類ある

EM75型(手前)とEM92型(奥)。とてもよく似ているがEM92型のほうが頑丈な作りになっている

 「オージ」は名前でお分かりの方も多いかと思うが東京都北区にある「王子」に本社を構えるバス機器のメーカーで、方向幕表示機やLED表示機、メモリーブザー(降車ボタン)、座席の取っ手、ドアチャイムなどを製作している、レシップに続くバス機器総合メーカーのひとつである。

 現在はLED表示機とメモリーブザーで全国的に名前が知られているが、方向幕表示機は全国的には採用例がそれほど多くはなく、東京近県のバス事業者でシェアの半分以上を占めていたと思われる。ちなみに方向幕のフィルムの製造はしていない。

 オージ製の方向幕表示機は他社の表示機とは違う部分があり、表示軸棒にガードがついていて、表示軸棒が芯棒(幕を巻き取る軸棒)と連動して回転するのが最大の特徴であるが、バスについている時は全く見えないため知る人ぞ知る特徴だ。またほぼ全機種を通じて幕は内巻き(表示面を内側に巻き取る)になっているのも特徴。

 代表的な機種として「EM75型」「EM82型」「EM92型」の3種類があり、型式以下に続く形番は多数の種類があるが、大まかにはこの3種類がオージ製方向幕表示機の形式となる。

 EM75型は表示面右上に開けられた穴にマイクロスイッチにつながっている金属棒を落として反応させる「穴検知式」を採用している。また側板は軽量化のため肉抜き処理がなされている。

 EM82型はEM75型のマイナーチェンジ盤で、検知方式が幕に貼られた銀テープを検知する「箔式」になった。これはマイクロスイッチによる検知では表示機の奥行きの小型化(高速バスの表示機はスペースの関係で薄型の表示機でないと設置できない)が不可能なためと、幕は日光の日差し等で数年経つと劣化し穴検知式だと検知部分である金属棒が幕と常に接触しているためその接触面の筋から劣化した部分が破れる、という事象が発生するためその防御策で採用する事業者がある。

 ただ、EM75型も同時生産していたためあまり普及することが無く、奥行きがとれない高速バスや路線バスでは川崎鶴見臨港バス、川崎市交通局しか採用事例が無いのであまり知られていない形式でもある。

コマ数が多くなった事業者用に「高速型」も用意される

穴検知式はEM75型もEM92型も共通の仕様で写真のような角が丸く切られた穴を検知する

 EM92型は今までのオージ製表示機のリニューアル機であると同時に最終形である。材質がアルミ合金になり側板の肉抜きが無くなった。さらに上下の芯棒が脱着可能な構造になったのもこの形式。それまでは一部の事業者でのみ下の芯棒だけが取り外せる構造だった。

 また側面表示機はワイド幕が主流な時代となり、表示段数も増えてきて幕の収納時の厚さが許容範囲を越えてきたため「厚型」の表示機が出現し、前面幕表示機と同じ厚さの側面ワイド幕表示機が誕生した。

 今までとは違ってEM92型は穴検知式と箔検知式のどちらも選択可能で、穴検知式はEM75型の穴の位置が同じため互換性があるが、箔式は検知機の精密化のため大きさと形が変わり互換性は無くなったが基本構造は同一である。

 そしてコマ数が多くなってきた事業者用に「高速型」の制御機が登場した。EM75型とEM82型は1コマずつ進段しては停止する「各段停止」仕様しかなく、コマ数が多い事業者はコマ間が離れているコマ番号を指令するときは幕を変え終わるまでに数分かかることがある。

 高速型制御機は指定したコマ番号まで無停止でコマ送りをするため幕を変える時間短縮になった。この高速型制御機は番号設定式(任意のコマ番号を指令機で設定するとそのコマまで進段させる)のみの設定で、各段停止型は番号設定式も目押し送り式(運転席にある上下ボタンを押して1コマずつコマ送りをする)のどちらも設定がある。

 オージ製方向幕表示機は前述の通り、東京都内の事業者に集中的に採用事例があるが埼玉、千葉、神奈川、茨城でも採用例が多く、関東以外の他県だと青森市交通部、南部バス、秋田中央交通、伊丹市交通局、広島電鉄、広島バス、広島交通、土佐電気鉄道、佐賀市交通局、熊本市交通局のほとんどの車両がオージ製方向幕表示機をメインに採用をしていた。そのほとんどの事業者がLED表示機でもオージ製を採用しているのは長年の信用と愛着であると思わざるを得ない。

【画像ギャラリー】特徴的な作動をするオージの方向幕

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…