おじゃまします! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その4】

おじゃまします! バス会社潜入レポート 広島電鉄編【その4】

 バス会社の運営する路線や保有するバスを詳細に紹介する「おじゃまします! バス会社潜入レポート」。今回は「広島電鉄編」の最終回。

 広島電鉄では一般路線、高速、貸切ともに統一されたモスグリーンの広電カラーを採用している。そのため運行タイプに関わらず、同社のバスであることがひと目でわかる点が評価されている。

 ただし、共同運行5社と共通化されたブルーを基調としたボディカラーのエアポートリムジンと、別法人でありコミュニティバス的運用のボン・バスを除く。高速バスには減席しパウタールームやトイレを装備する車両もあり、利用者に好評だ。

 最終回では広島電鉄の主要ラインナップの車両をご紹介しよう。また画像ギャラリーでは高速バスを特集しているので、こちらもお見逃しなく。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(H)エイチ・ディー西広島、(S)鈴木文彦
※2019年11月発売「バスマガジンVol.98」より

【画像ギャラリー】広島電鉄が所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート 広島電鉄【所有車両その3】


■高速バスはハイデッカー中心 貸切には呉市のボンネットも

 高速バスは貸切転用のセレガR−GJ2台を除きハイデッカー。松江線・米子線はトイレつきで、一部はパウダールームを装備している。その他の路線はトイレなしで、呉線のみ折戸仕様。広島市内~広島空港のリムジンバスは、共同運行5社の統一カラーである。

 貸切バスは主に契約貸切輸送に従事。広島電鉄のセレガ1台、エイチ・ディー西広島のメルファ2台を除き、一般路線・高速から転用されたもので、元・呉市交通局のボンネットバスも在籍する。

 広島電鉄とエイチ・ディー西広島では5桁の数字の社番を使用。万位は所属営業課(ただし所属を問わず0はリムジン、3は貸切)、千位は車種、百位は仕様(サスペンション)を表し、残りの2桁が固有番号である。ただしエイチ・ディー西広島では車種・仕様にかかわらず通し番号としている。

■路線バス(ノンステップ)

●日野 2PG-KV290Q2 ■24971/広島200か2507/西風新都営業課/一般路線

モスグリーンの翼をイメージしたデザインは1954年に採用
新型ブルーリボンは2016年から増備されている
すべてAT車でQ尺とN尺が混在
ニュータウン輸送を担う西風新都の車両は、車椅子スペースに座席のない市内線仕様
 広島電鉄独自の装備として、乗り心地向上のため2006年に導入されたハイバックシート、保安対策のため全車に装着されたエンジンルームの鍵などがある

次ページは : ■高速バス