東武鉄道沿線に生活路線を展開する東武バスグループ!! その主要車両を大特集!!

都内・埼玉・千葉・日光エリアの東武鉄道沿線に生活路線を展開する東武バスグループ

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2018年に遡って、5月発売号で掲載した東武バスグループ編を振り返って紹介する。

 東武バスは東武鉄道のバス事業を継承して設立され、現在は資産の所有・管理を担当。バスの運行は同社100%出資の4社が分担し、主に東武鉄道の沿線に路線を展開する。

 また、東京~いわき間、新越谷~郡山間、日光~横浜間の高速バス、羽田空港・成田空港・東京スカイツリー(R)・東京ディズニーリゾート(R)へのアクセスバスも営業する。

(記事の内容は、2018年5月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2018年5月発売《バスマガジンvol.89》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より
(東武バスグループ特集 その1)

【画像ギャラリー】大型はノンステップ短尺車が標準 日光地区にはワンステップ長尺車 東武バスグループ車両とバスが走る風景を見る【東武バスグループ・1】(18枚)画像ギャラリー

■埼玉県南部・都内北部路線はセントラルとウエストが運行

●草加駅東口

東武スカイツリーラインの急行停車駅・草加。東口からは八潮市内へのバスが頻発しており、つくばエクスプレス開業後のいまも利用者は多い

 東武バスは東京都墨田区に本社を置き、東武バスグループ全体を管理。バスの運行は東武バスセントラル、東武バスウエスト、東武バスイースト、東武バス日光の4社が行っている。これらを合わせた従業員は1416人、乗合バス営業キロは3498kmである。

 東武バスセントラルは、足立(西新井、葛飾、花畑〈はなはた〉)、草加(八潮〈やしお〉、三郷〈みさと〉、吉川)の2営業事務所(6営業所)体制。東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス沿線の都内北東部と埼玉県南東部に路線を広げるほか、千葉県内の松戸駅・南流山駅・流山おおたかの森駅に一部路線が発着している。

 また、東京駅・バスタ新宿~いわき間、新越谷~郡山間、新越谷~成田空港間、新越谷~羽田空港間、北千住~羽田空港間の都市間高速バス・空港連絡バス、および東京スカイツリータウン(R) から羽田空港、東京ディズニーリゾート(R) 、上野、東京駅、お台場地区へのシャトルバスも運行している。

●大宮駅東口

埼玉県最大のターミナル駅・大宮。東武アーバンパークラインの乗り場に近い東口から、上尾・岩槻・浦和方面に向かう東武バスが発車する

 東武バスウエストは、大宮(岩槻、天沼〈あまぬま〉、上尾〈あげお〉)、川越(坂戸)、新座(にいざ)の3営業事務所(4営業所)体制。

 東武東上線とJR高崎線・京浜東北線沿線の埼玉県中南部がエリアで、一部は都県境を越えて成増駅に乗り入れる。川越では市内の観光スポットを結ぶ「小江戸名所めぐりバス」が好評である。

 また、新座~東京スカイツリータウン(R) 間、川越~東京ディズニーリゾート(R) 間、大宮~成田空港間、上尾~羽田空港間、森林公園・坂戸~成田空港間、ふじみ野・志木~成田空港間、ふじみ野・志木~羽田空港間の高速バス・空港連絡バスの運行も担当している。

■イーストは柏地区をネット 日光は観光客の輸送が中心

●星野リゾート界日光入口

中禅寺温泉から半月山まで、中禅寺湖のほとりを走るバスは、通常は夏季だけの運行。しかしこの春、JR東日本のキャンペーンにリンクして、中禅寺温泉~歌が浜遊覧船発着所間の季節運行が行われた

 東武バスイーストは、千葉県柏市内の西柏営業事務所と沼南(しょうなん)営業所が拠点。東武アーバンパークラインとJR常磐線が交わる柏駅のほか、これら2線とつくばエクスプレスの各駅に発着する千葉県北西部の路線の運行を行っている。また、柏~羽田空港間の空港連絡バスの運行も担当している。

 東武バス日光は、日光営業所を拠点として日光市北西部に路線を展開する。JR日光駅・東武日光駅を起点とする中禅寺温泉・湯元温泉までの本線、奥細尾までの支線、および輪王(りんのう)寺・東照宮・二荒山(ふたらさん)神社を循環する「世界遺産めぐりバス」を通年運行。

 霧降高原への路線と中禅寺温泉~半月山間を季節運行する。SL「大樹」運行日には、鬼怒川温泉~二荒山神社間の路線バスも運行している。

 また、鬼怒川温泉と日光に発着する定期観光バス、鬼怒川温泉・日光~羽田空港・横浜間の空港連絡バスの運行も担当している。

次ページは : ■バスファンにも楽しい「東武博物館」

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。