【画像ギャラリー】東北を走る元国際興業のバスたち


記事に戻る|移籍バスの行方を追跡!! 各地へ旅立ったバスたち 【国際興業 編】

元国際興業なので車両はいすゞ車のみ。この“事情”がたまらない!!

 現在はいずれも国際東北グループの傘下となった事業者だが、多くの車両で国際興業当時のカラーがまだ生かされ、同社・同グループのファンは心躍る仕様となっている。

■岩手県交通 岩手県を代表するバス事業者で、盛岡市以南にネットワークを持つ

 岩手県の北部を除く全域を営業エリアとする。1976年に県内3社が統合して成立したが、慢性的な赤字による経営危機により1986年に国際興業の傘下となった。

previous arrow
next arrow
previous arrow next arrow
Slider


■十和田観光電鉄 貸切バスは国際興業カラーで関東まで運行する

 青森県南東部、十和田市を中心に運行する事業者。1969年に国際興業の傘下に入る。2012年に十和田市〜三沢の電車を廃止しバス専業となるが、社名はそのままとなっている。 国際興業からの移籍は少なくとも90年代後半から現在に至まで続いており、一大勢力となっている。

previous arrow
next arrow
previous arrow next arrow
Slider


■秋北バス ここ数年、他社からの移籍も目立ってきた

 秋田県大館市を中心に路線網を広げる事業者。かつての親会社の事業失敗で経営危機となっていた同社を、1962年に国際興業が買収、傘下に入り貸切・観光部門の充実を図った。モノコックバス時代から移籍例が見られ、多くの元国際興業車が活躍したが、近年は他社からの移籍が目立つ。

previous arrow
next arrow
previous arrow next arrow
Slider

記事に戻る|移籍バスの行方を追跡!! 各地へ旅立ったバスたち 【国際興業 編】

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、防長交通を特集。さらに三菱ふそう、エ…