2022年より新たな高速バスターミナルが八重洲に誕生! 運営は京王電鉄バスに決定!

 独立行政法人 都市再生機構(以下「UR)は、去る12月18日、「八重洲バスターミナル(仮称)」(以下「八重洲BT」)の運営事業者として京王電鉄バスを選定し、両者の間で同バスターミナルの整備・運営に関する基本協定を締結したと発表した。

文:バスマガジン編集部

【画像ギャラリー】東京駅八重洲の景色を巨大バスターミナルが変える!!


最終的に「全20バース。国内最大級の高速BT」に

八重洲BT「東地区」のイメージ。見通しの良い乗り場レイアウトとなる

 「八重洲BTは、東京駅の八重洲側(外堀通りを挟んだ東側)に、「国際都市東京の玄関口と「国内主要都市との交通結節の機能強化を基本方針として整備が進んでいる。

 第一種市街地再開発事業として開発される3つの高層ビルの地下フロアの一部をURが取得して設置する。京王電鉄バスは、URから賃借してバスターミナルを整備し、管理および運営する予定だ。

 3つの高層ビルは、オフィスやホテル、商業施設などによって構成され、地上45階~51階建て。その各ビルの地下1階または2階にバスターミナルが設置される。

 工事が最も速く進んでいる「北地区」は2022年8月竣工予定で、地下2階部分に6バースのバスターミナルが整備される。その後、2025年に「東地区」が、2028年には「中地区」が竣工し、最終的に20バースが出そろい、高速バス用のバスターミナルとしては国内最大級になる。

 3地区に分かれ、窓口なども別々に設置されるが、それらを一体的に運営するという形態も国内で初めて。

八重洲地区の路上停留所や「鍛冶橋」発着便が移行予定

的確な情報を瞬時に把握できる設計のデジタルサイネージ

 八重洲地区では、高速バスや空港連絡バスの停留所が点在し鉄道との乗り換えが不便な点や、道路上での乗降により円滑な交通が妨げられている点を解消するため、2014年以来、学識経験者や行政などで構成される委員会によって、「八重洲BT」の基本的な整備方針などが決められてきた。

 それによると、現在、八重洲地区の路上停留所で発着している高速バスと空港連絡バス、および「東京都丸の内鍛冶橋駐車場」で発着している高速乗合バスが、定められた優先順位に基づいて、順次、「八重洲BT」に移行する。

 また、この日公表された京王電鉄バスの企画提案資料の抜粋には、運営方針には「効率的な運営で発着便数を最大化し、貸切バス等の新規需要も取り込」む、とも記載されている。

「新宿西口」「バスタ新宿」のノウハウが活きるか?

八重洲BT全体予想図。ゆとりある敷地を効率的に仕上げる構想といえる

 「あらゆる利用者に直感的でわかりやすい」とする内装デザインのイメージも公開された。英字と数字を組み合わせ、乗り入れ便に、統一された便番号を付与する考えも伺える。

 資料には、「京王電鉄バスのこれまでの安全・安心なバスターミナル運営業務における長年の経験を最大限に発揮し、『SMART バスターミナル』を目指します」とあり、旧・新宿高速バスターミナルの運営経験を持ち、「バスタ新宿」の立ち上げや運営に主体的に関わる、京王電鉄バスのノウハウ活用が期待される。

 同社の企画提案には、各地の高速バスターミナル開業支援で実績を持つ、高速バスマーケティング研究所らが協力した。

 前述のように、八重洲周辺を発着する高速バスが、順次、「八重洲BT」に移行することは確実なようだが、現時点では、具体的なスケジュールや発着ダイヤなどは発表されていない。

 また、東京駅敷地内に設置されJRバス関東が運営する、「東京駅高速バスターミナル」については、情報は発表されていない。関係者によると、こちらは特に変化なく存続するということだ。

 日本を代表する鉄道駅に接し、国際空港とのアクセスも便利な「日本の中心」と言っていい八重洲の地に、国内最大級の高速バスターミナルが、2年後から順次開業する。その頃には、「新型コロナウイルス感染症」の影響も収束し、海外からの観光客も含め、高速バスの需要が回復していることを期待したい。

【画像ギャラリー】東京駅八重洲の景色を巨大バスターミナルが変える!!