2022年より新たな高速バスターミナルが八重洲に誕生! 運営は京王電鉄バスに決定!

「新宿西口」「バスタ新宿」のノウハウが活きるか?

八重洲BT全体予想図。ゆとりある敷地を効率的に仕上げる構想といえる
八重洲BT全体予想図。ゆとりある敷地を効率的に仕上げる構想といえる

 「あらゆる利用者に直感的でわかりやすい」とする内装デザインのイメージも公開された。英字と数字を組み合わせ、乗り入れ便に、統一された便番号を付与する考えも伺える。

 資料には、「京王電鉄バスのこれまでの安全・安心なバスターミナル運営業務における長年の経験を最大限に発揮し、『SMART バスターミナル』を目指します」とあり、旧・新宿高速バスターミナルの運営経験を持ち、「バスタ新宿」の立ち上げや運営に主体的に関わる、京王電鉄バスのノウハウ活用が期待される。

 同社の企画提案には、各地の高速バスターミナル開業支援で実績を持つ、高速バスマーケティング研究所らが協力した。

 前述のように、八重洲周辺を発着する高速バスが、順次、「八重洲BT」に移行することは確実なようだが、現時点では、具体的なスケジュールや発着ダイヤなどは発表されていない。

 また、東京駅敷地内に設置されJRバス関東が運営する、「東京駅高速バスターミナル」については、情報は発表されていない。関係者によると、こちらは特に変化なく存続するということだ。

 日本を代表する鉄道駅に接し、国際空港とのアクセスも便利な「日本の中心」と言っていい八重洲の地に、国内最大級の高速バスターミナルが、2年後から順次開業する。その頃には、「新型コロナウイルス感染症」の影響も収束し、海外からの観光客も含め、高速バスの需要が回復していることを期待したい。

【画像ギャラリー】東京駅八重洲の景色を巨大バスターミナルが変える!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【1月31日発売】バスマガジン117号!!  バス会社潜入レポートは知多乗合と豊鉄バスの2社!! 京急移籍バス特集など情報満載!!

バスマガジン Vol.117は1月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]では、知多乗合と豊鉄バスを特集。