パンダバス発進!! 和歌山県、アドベンチャーワールドのフルラッピング車で、初便到着後は撮影タイムも確保

明光バスがパンダのフルラッピング車を運行開始!初便到着後は撮りバスタイムも確保

 和歌山県のアドベンチャーワールドは明光バスとの共同企画で、パーク内で暮らす7頭のジャイアントパンダをテーマに全面フルラッピングバス『「パンダ白浜アドベンチャーバス」~思い出を運ぶSmileバス~』を2021年8月9日(月)より運行開始する。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】明光バスのフルラッピング車が登場!車内もパンダだらけ


ラッピング車はブルーリボンシティ

 パーク内で暮らす7頭のジャイアントパンダをテーマに全面フルラッピングバスで、内装にもこだわってパンダだらけとした。主に「白浜駅~アドベンチャーワールド」「白浜温泉街~アドベンチャーワールド」を結ぶ路線バスとして運行を予定している。

明光バスのブルーリボンシティ

 明光バスは和歌山県中南部の路線バスをはじめとして、高速バスも運行している。同社の車両は日野自動車製のためラッピングバスは元近鉄バスのブルーリボンシティだ。

行き先表示器はフルカラーLED

初便乗車には整理券が必要

 8月9日の運行開始便は10:25のJR白浜駅発・アドベンチャーワールド行きで、白浜駅で出発式が行われる予定。なお初便に限り感染対策のため乗車定員を40名に限定して乗車のための整理券を配布する。(運賃は別途必要)

全席カバーはパンダ

 座席定員30席分と立席10席分の計40名分の整理券が配布される予定で、割り当てはJRの特急くろしお1号で白浜駅に到着した旅客に降車時に配布する。また当日の白浜駅バス乗り場付近で9:30より10名分の整理券を配布する。

タイヤハウスの上にはパンダが詰まっている

次ページは : 初便到着後に“撮りバス”タイムを確保します!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…