地震にともなう東北新幹線不通区間の迂回経路と高速バス情報【3/21現在】

地震にともなう東北新幹線不通区間の迂回経路と高速バス情報【3/21現在】

 東北地方の地震により東北新幹線に不通区間があり復旧の目途はたっていない。記事執筆時現在の主に首都圏からのう回経路等をまとめた。すべての交通機関を網羅しているわけではないので、最新の状況は各事業者のホームページ等でご確認いただきたい。(本稿写真はすべてイメージです)

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】地震にともなう東北新幹線不通区間の迂回経路と高速バス情報【3/21現在】(1枚)画像ギャラリー

鉄道の不通区間

 2022年3月21日時点での鉄道不通区間と運転再開の見通しは次の通り。
・常磐線:富岡~新地駅間の上下線で終日運転を見合わせ。新地~仙台駅間の上下線で一部列車が運休。特急ひたち号は全便いわき-仙台間で区間運休。代行輸送はなし。
・東北新幹線:那須塩原~盛岡上下線。運転再開の見通しは立っていない。東京~那須塩原・盛岡~新青森で運転本数が通常よりも大幅に少ないため混雑が予想される。

  山形新幹線の奥羽本線区間および秋田新幹線の田沢湖線区間は折り返し運転をしているが運転本数が通常よりも大幅に少ないため混雑が予想される。

臨時列車乗り継ぎ

 東北新幹線は那須塩原・盛岡間が不通なので、那須塩原から仙台までは臨時快速列車(東北本線経由)が2往復、仙台から盛岡までは臨時快速列車(東北本線経由)が1往復運転される。なお明日、22日以降の運転計画は決定次第発表される。

 また常磐線が全線で運転再開されるのを目途に、JR東日本では特急ひたちを仙台まで増発・延長運転して首都圏-仙台間の輸送力を増強したい考えだが、本日現在は全線運転再開の見込みは立っていない。

 在来線の臨時快速列車乗り継ぎによる秋田までのダイヤを見てみると、東京0840(なすの413号)那須塩原0949・那須塩原1020(臨時快速)仙台1318・仙台1326(臨時快速)盛岡1551・盛岡1635(こまち27号)秋田1812となる。仙台や盛岡へも新幹線運転区間を含めてこの臨時ダイヤで乗り継ぎができる。

 秋田へは日本海回りも選択でき、上越新幹線が通常運行していることからこちらの方が早い。特急いなほ号の上下1往復が酒田-秋田間を臨時快速列車として延長運転する。これを利用すれば東京1016(とき315号)新潟1224・新潟1232(いなほ5号)酒田1441/1443(臨時快速として延長運転)秋田1607。

 いなほ号の延長運転とは別に当面の間、いなほ9号(新潟発 17:16 酒田着 19:25)から下り普通列車 557M(酒田発 19:08 秋田着 20:57)へ接続をし、乗り継ぎができるダイヤになる。これにより普通列車 557Mは、接続待ち合わせのため酒田駅の発車が20分程度の遅れが見込まれる。

高速バス・東京→仙台

 JRの高速バスは首都圏から仙台方面を増便・増車して対応しているが、満席の便も多く時間もかかる。 3月21日出発分は記事執筆時点では昼行便・夜行便ともにほぼ満席だった。

ジェイアールバス東北
ジェイアールバス東北

次ページは : 臨時の航空便

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【1月31日発売】バスマガジン117号!!  バス会社潜入レポートは知多乗合と豊鉄バスの2社!! 京急移籍バス特集など情報満載!!

バスマガジン Vol.117は1月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]では、知多乗合と豊鉄バスを特集。