【航続距離300km超】時代は変わった!? EVバスは街の風景を変えるのか


 バスの可能性を掘り下げるこのコーナー、前回はコミュニティユースにうってつけの7mEVバスを試乗、紹介した。そして今回は大きく足を踏み出して、フルサイズ路線バスの10.5m車の試乗した。

 このオノエンスターEV10.5、もちろん輸入車ながら日本の道路風景にすぐにでも溶け込めそうな面持ちながら、取材チームにその超実力を見せてくれた。

【画像ギャラリー】その仕上がりはまさに超GOOD。スーパーEV路線バスをつぶさにチェック!!

本文執筆:近田 茂
取材協力:オノエンジニアリング(バスマガジンvol.101より)


時代は変わった。本格派大型路線バスにEVモデルが渡来

駅前の広い、賑やかな道路をスイ〜っと右折。EVならではの出足の良さで、交差点発進のストレスは皆無と言っていい

 今回は全長10.5mの大型路線バスの「オノエンスターEV」に試乗。港から陸送搬入されたばかりの車両だ。これから納入先向けへの仕様変更と、登録への納車前整備が行われる。

 整備作業に備えて小野社長自らがハンドルを握り、様子を探りつつオノエンジリニアリング・ワークスまで搬送。すでに中国のアジアスターを頻繁に訪問し試乗も含めて仕様検討が重ねられてきた。

 ほかにも様々な経営手腕を発揮する小野社長は、整備現場にも顔を出し、全体の作業進行を自ら把握し的確に指揮管理する姿がそこにある。

 さてバスやトラックなど、大型車両におけるEV化は難しいと常々いわれてきた。ハイブリッドに関しても取り組みは早かったものの、日本での実用化や普及はまだまだである。日野ポンチョのEVがいくつかの都市で実用試験運行されているほか、BYD 製のEVが一部事業社で導入開始されている程度。

 ただし歴史を振り返ると、かつてEVが活躍していた事実があった事を思い出す。運行例は戦前からあり、燃料不足による統制下の戦中戦後でも稼動。

 また80年代までは、廃止されたトロリーバスをEVに変換利用された事例もあった。鉛バッテリーユニットをパレットごと入れ換える方式で実用運行されていたのだ。

後部リッドを開くと棚状のストレージにバッテリーが積載されている。このメカニックぽさもEV
の魅力だ

 もちろん燃料が潤沢に入手できるようになってからは、主力がディーゼルエンジンになったことはご承知の通りである。

 近年、そのネガな部分として指摘されているのが大気汚染。都市部で発進停止が繰り返される路線バスから排出される排気ガスは膨大。現在はエンジン排気量が一時期の半分以下になる程までにダウンサイジングされ、環境性能は大幅改善されて省エネと排出ガスのクリーン化は徹底的に高められてきているのである。

 しかしゼロエミッション車を目指す時、到達点のひとつとしてEV化が目前に迫っていることは間違いない。急速な経済成長と共に、大気汚染が著しい中国では政府主導でEV利用が進み、ほとんどの路線バスは既にEV化されている。

センスの違いを感じる新しいデザインが魅力的

車内はいわゆるノンステ床で、後部に3段のステップがある。試乗車には前向き、横向きシートとバリアフリーシートがレイアウトされ、スッキリと広く感じる車内だ

普段見慣れないフロントマスクは、モダンで新鮮な印象を受ける。窓の無いリヤビューも観光バスに近い雰囲気があるが、大きなフロントガラスの上端には路線車らしいLED方向幕が組み込まれている。

 下方中央には前方を睨むカメラとボディ部にはレーダーも装備。車線逸脱警報や衝突被害軽減ブレーキも標準装備されている。

 乗降ドアはグライドスライド式で、外側へも内側へもスペースを奪わない、賢い2枚の両開き式。乗り込むと中ドア後端まで広々とフラットなフロアが広がっている。

 全長は10.5m。国産同クラスと比較するとホイールベースが長く、エルガ11mクラスに匹敵する5950mm。10.5mクラスとしては立ち席乗車エリアが広い。座席は19+補助席4、そして運転席1の全24席で2点式シートベルトを装備する。立ち席が60で乗車定員は84名と上級車並みだ。

 ハイバックシートの運転席はレザー調の豪華仕上げ。3点式シ-トベルトが組み込まれ、装着感は良好。シートヒーターまで装備され国産バスにも欲しい装備だ。

 客席シートも足元がスッキリとデザインされ、床のモップ掛けも容易で小荷物を足元に置くにも好都合だ。

吊り革は7m車と同じストラップタイプ

 そしてルーフの前後2カ所にリフト式の換気窓がある。基本的には非常口だが、5通りの開放状態が選べる。

 横転した時でも脱出口が確保できる欧州式機能の採用として魅力的だ。窓ガラスを叩き割るためのハンマーも7個装備されていた。

 さて試乗。運転操作は至ってシンプルで、既報のEV7m車と共通だ。サイドミラーの張出が大きく感じられた点と、長いホイールベースに気をつける必要はあったが、モーターのトルクも十分に太く、挙動はスムーズで扱いやすかった。

 ちなみに試乗車は最高速度を80㎞/hに設定。DANA製の液冷200kwモーターは、2500Nmもの最大トルクを発揮。最高回転数は2700回転。リチウムバッテリー8連装のフル搭載で250㎞以上の航続距離を誇る。

 驚かされたのは搬送時の航続距離。バッテリー残量93%でスタートして一般道167kmを走行し、残量がまだ50%。そのままあと160km走れると表示されていたという。

 専用の急速充電機を使えば空状態から60分前後で満充電完了。この性能なら路線バス用途のニーズには十分である。

 ミッションやクラッチがない分、メンテナンスコストの削減も期待でき導入費用も高くない。今後はバス事業者のイメージアップへの貢献度も侮れないだろう。

【画像ギャラリー】その仕上がりはまさに超GOOD。スーパーEV路線バスをつぶさにチェック!!