関空への長距離空港バスは乗り換え不要&リーズナブル!!その2【エアポートバスの話】


 「その1」で述べた成田空港についてのようなことは関西空港にもいえ、岡山、香川、徳島からの空港バスがある。これらの県にはいずれも空港があるが、国内線と、国際線は近隣国へしか飛んでおらず、関西空港を利用する機会は多い。

文/写真:谷川一巳(バスマガジンvol.82より)
※掲載している料金などはバスマガジン本誌掲載時のもので現状と異なる場合があります


東京以外でも長距離空港バスは活躍している

岡山と関西空港を結ぶ両備バス

 空港バスと都市間バスをうまく組み合わせることで、空港バスがない地域からも空港アクセスを向上させている例もある。広島空港へは広島県内の府中、甲奴、因島地域からの空港バスはないほか、尾道からは1日3便しか空港バスがない。

 そこで、これら地域と広島を結ぶ都市間高速バスと、福山からの空港バスを山陽自動車道の高坂パーキングエリア内のバス停で接続させるといった運行を行っている。このバス停は乗り継ぎ専用で、ここで下車しても高速道の外には出られないというユニークなバス停である。

荒天時も定刻運行だった!?長距離の空港バス

占冠パーキングエリアで休憩中の帯広と新千歳空港を結ぶ帯運観光、「とかちミルキーライナー」

 バスゆえに時間が読めず「飛行機に乗り遅れたら大変」とも思うが、かといって鉄道に比べて信頼性が低いわけではない。こんな経験をしたことがある。北海道の釧路に滞在し、新千歳空港から成田行きの便で帰京する際、荒天でJR北海道の石勝線が不通になってしまった。

 そこで帯広までJRを利用し、帯広〜新千歳空港間は帯運観光の「とかちミルキーライナー」を利用した。これも長距離空港バスのひとつである。

 荒天なのは線路も道路も同じなので、定刻通りの運行は期待していなかったのだが、バスは占冠パーキングエリアで予定通りの休憩を行い、1分の遅れもなく定刻通りに新千歳空港に到着した。

台風が東京に接近したときなどもそうだが、一般に鉄道は荒天時にはすぐ停まる傾向にあり、バスは高速道が通行止めにならない限り通常運行しているのがほとんどである。空港バスは天候に強いともいえるのだ。

帯運観光の「とかちミルキーライナー」は3列座席バスで運行

次ページは : 長距離空港バスが育たなかった空港もある!?

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…