地方空港からのマイノリティなバス路線にスポットを当ててみる・その2


 今回は「地方空港からこんなところにもバスが運行されている」といった「意外な路線」の続編である。

 前回の熊本空港からの路線では、最寄りの都市へ大きなバス会社が運行を担当する例を主に挙げた。だがそれ以外にも小さな都市へ、聞いたことのないようなバス会社が運行する例がある。

 引き続き、そんなバスを巡ってみよう。

文/写真:谷川一巳(バスマガジンvol.82より)

【画像ギャラリー】地方空港からのマイノリティなバス路線


自治体から委託のケースもアリ

小松空港で出発を待つ日本海観光バスの「加賀周遊キャンバス」

 小松空港にも一風変わった路線バスが発着する。日本海観光バスの運行する「加賀周遊キャンバス」である。石川県加賀市などが出資する第三セクター「まちづくり加賀」からの委託で、加賀市を拠点にする日本海観光バスが運行している。

 北陸新幹線開業以降、首都圏と金沢の需要は新幹線利用が優位になったが、加賀温泉郷へは小松空港が近いこともあり、空港利用者を加賀温泉地域に呼び込もうという意図が感じられる。

 このように、空港から、今までなかった路線を運行しようという試みは、日本の各地で行われているようで、昨年は青森空港~三内丸山遺跡~新青森間で運行していた青森観光バスに乗る機会があった。この路線は「実証運行」であったため、現在はなくなっているが、実証運行の結果、利用者が多ければ定期運行になったのであろう。

さらに少ない需要には予約制ジャンボタクシー

中島タクシーは能登空港と七尾地区を「ふるさとタクシー」として定額で結ぶ

 空港からの利用者数が少ない路線では、予約制のジャンボタクシーのようなバスもけっこう運行されている。能登空港からは地域をゾーン制にし、たとえば輪島地区へは港観光が(900円)、七尾地区(和倉温泉など)へは中島タクシーが(1600円)と定額にし、ひとりでも利用できて重宝する。

 これらは「ふるさとタクシー」として運行、定期路線ではないので、予約が必要で、予約がなければ運行されないが、空きがあれば予約なしでも利用できる。

次ページは : 隠れた人気路線「やんばる急行」