あの「はかた号」を超える長距離バスがあった!?? 獅子が吠える「ライオンズ号」を振り返る


 古き良き、高速バスが百花繚乱だった時代のルートや車両をアーカイブ記事として紹介するこのコーナー。今回はあの「はかた号」を超える長距離を定期運行していたバスだ。

 長距離バスの営業距離第1位は、しばらくは西鉄が運行する新宿行き「はかた号」だったが、この距離を超えてさらに東京を北上する埼玉行き「ライオンズ号」が開業し、第1位となった。

 運賃は「はかた号」より安いが、一般的な3列シートでなく4列シートのちょっとタイトな車内設定だ。

●車両データ
車名/ライオンズエクスプレス
運行/さいたま・池袋・横浜〜福岡
事業者/西鉄高速バス/西武観光バス

執筆・撮影■石川正臣
※2020年1月発売「バスマガジンvol.99」より
高速バスアーカイブ第15弾

【画像ギャラリー】あの「はかた号」以上の長距離を運行していた最長距離のバス!!「ライオンズエクスプレス」


当時、日本最長路線だった、まさに[The長距離バス]!!

西鉄高速バス、ライオンズエクスプレス

 営業所構内の乗り場から、遠く九州を目指して発車。片側一車線の狭い道を行くライオンズエクスプレス。ときおり西武の路線バスと行違う。立ち席が出るほどの満員のバスだ。そうこうしている間に大宮駅に着く。やはり埼玉県の代表駅とあって、路線バスが次々と発車していく。

「福岡行きです」乗務員の言葉に帰宅を急ぐ人々の熱い視線。えっ九州行くの? って感じの驚きの目線。こちらも乗車完了して発車。

 出発すると高速に入り、首都高速をさらに南下して、荒川を渡れば東京都に入る。西武バスの拠点、池袋に着く。ここは若者がひしめくホットなスポットだ。

足柄サービスエリアて休憩、消灯前のひとときだ。左は徳島へ向かう海部観光、マイフローラ

 そんな土地からもすぐに発車、さらに首都高を南下して神奈川県へと向かう。京浜工場地帯の工場群を抜け、横浜港を見て横浜駅へ進入。新宿駅のみ乗車扱いする博多号と違い、やっと東側の乗車が完了する。

 横浜では数少ないジェイアールバスの大阪行きが先行。乗務員も横浜発のジェイアールバスがあるのか、知らなかったなんで対話が耳に入る。

 埼玉県、東京都、神奈川県、コマ目に乗客を乗せていよいよ九州に向けて出発だ。車内放送では挨拶と八女茶のサービス。気分はもう福岡!? だ。横浜町田インターから東名高速に入り、足柄SAで休憩。となりには徳島行きの京急と徳島バスのエディ号、そして同じ徳島目指す海部観光のマイフローラらが並ぶ。

朝日の中、関門海峡を車窓に望める楽しみがあった!!

車窓から。関門大橋を渡り、いよいよ九州入り

 SAを出発すると車内は消灯となる。バスは東名、名神、山陽道と西へと快走する。6:00になると夜も明けて、カーテン越しに陽が漏れ入ってくる。吉備SAで乗務員交代があった。

 次の休憩はいつだろう、と思っていると、8:30過ぎにスピーカーから朝の放送が流れる。しばらくして到着したのは下松SA。ここで洗面タイムとなった。すでに山口県まで走って来たのか、とちょっと感動。

 続いていよいよ関門橋を渡る。九州行きの夜行バスだと、このあたりでやっと夜が明けた、という時刻の通過だが、このライオンズ号は夜が明けてから時間が経過しているので、十分に関門海峡を見物することができた。

福岡天神に到着。長い旅は無事終了した

 さあ終点は近い、九州の地を軽やかに走る。高速を降りて博多バスターミナルへ。“埼玉から来たのだぞ”と多くの西鉄バスに語り掛けているかのように思えた。新宿発のはかた号とすれ違い、西鉄天神バスターミナルに到着。

 このライオンズ号は、老舗のはかた号と違い、前述の通り4列で1都2県から関東を発車する。乗務員も大変だが乗車する乗客も窮屈なはず。しかし乗車当日は10人にも満たない乗客数だった。

 平日であったこともあると思うが、あまりにも少ない乗車率には、運行中止という運命が待っていた。そして西鉄高速バスも思い出のバス運行会社となった。

バスマガジンVol108は発売日が変更になりました! 最新号は7月30日(金)発売です! ぜひ書店等でお買い求めください!

【画像ギャラリー】あの「はかた号」以上の長距離を運行していた最長距離のバス!!「ライオンズエクスプレス」