3年だけの超マボロシ!! 九州-四国を結んだ「はりまや号」を知っている?


 すでに運行終了となった高速バスに乗車したときの、乗りバスレポートを紹介するバスマガジン人気のコーナー。今回は福岡と高知を結んでいたはりまや号だ。

 高知県は首都圏在住者にとって、四国4県でも最も奥地で遠い印象がつきまとう。しかし1988年の瀬戸大橋開通で、その道のりも所用時間も、そしてなによりイメージ的な距離感がとても短くなった。そしてこのはりまや号はわずか3年の運行ではあったが、とさでん交通ファンには貴重な記録にもなった。

●車両・乗車データ
福岡〜高知「はりまや号」(とさでん交通/西日本鉄道)
2015年12月乗車(一部撮影を除く)

●運行データ
[西鉄天神高速バスターミナルの発車時刻]
21:30 高松行・さぬきエクスプレス福岡号/四国高速バス
21:35 松山行・道後エクスプレスふくおか号/伊予鉄バスほか
21:50 高知行・はりまや号/とさでん交通

執筆・写真■石川正臣
バスマガジンvol.101(2020年5月発売)より

【画像ギャラリー】惜しまれながら引退した「はりまや号」の勇姿


本四連絡橋の開通はバスにもその恩恵をもたらしてくれた!!


高知はりまや橋バスターミナルの「はりまや号」

 高知発の長距離路線バスは、四国内だけでなく中国、関西、関東へと広がり1993年にはなんと九州福岡へと運行を開始した。高知からの長距離路線の運行は、常に土佐電気鉄道と高知県交通の2社で、このはりまや号は西日本鉄道(西鉄)が相手となって3社で運行開始された。

 その後1999年に西鉄が撤退、2014年に2社が統合となり、とさでん交通が設立1社で運行ということになった。

 それに伴って車両も新デザインとなり、あっという間に新塗色車両が導入された。25年近く運行されていた中で、とさでん交通での運行はわずか3年。わずかではあるが貴重な記録ともなった。

豊浜サービスエリアで休憩。まもなく夜も明ける

 その後四国からの福岡便は、高松から四国高速バスさぬきエクスプレス福岡号、松山から現在の伊予鉄バス道後エクスプレスふくおか号がそれぞれ西鉄グループと共に運行を開始した。本四連絡橋の成果がバスにも貢献している証となった。

 西鉄天神高速バスターミナルでは四国方面高松行き、そして松山行きが発車していくと続いてお目当て高知行きが着車する。

 博多バスターミナルで乗車後、すぐに高速に入り、北九州で乗車完了すればほぼ満席。壇ノ浦で消灯前の休憩。ここでは松山行き、高松行きと四国勢が肩を並べる。

好調な乗車率の中2017年に運行とりやめになった……

車内設備をモニター画面で案内

 消灯となり、本州西の先端から瀬戸内海沿いに東へと進み、しばらくして向きを南へ変え、今度は瀬戸内海を渡り四国へ進入する。早朝の豊浜サービスエリアで早朝の休憩を取る。ここでは新宿発のブルーメッツ号と顔を合わせる。

 高速を降りれば一宮バスターミナルで高知市内最初の降車となる。市内の住宅地とあって、お迎えのマイカーも目立つ。一方では久々に実家の戻ったのか、女子大生と母親の抱き合う姿もみられた。そして市内中心部へと進み、はりまや橋で降車客を降ろした後、南下して終点の桟橋車庫へと到着する。

相手会社、西日本鉄道の車両

 日本海の西の果てである福岡県から瀬戸内海沿いに東へ、そして雄大なホエールウォッチングを楽しめる太平洋側の高知県へ至るという、なかなか豪快な長距離路線だった。発着地はともに県庁所在地で乗車日も満席だった。にもかかわらず2017年に運行がとりやめとなったのは残念でならない。

 九州と四国は鉄道では直通便がなく不便な上、航空便はあっても便数はとても少ない。幸いなことに乗車時に見かけた松山便、高松便も盛況の様子であった。これら2路線は今まで通り活躍を続けてほしいと切に願っている。

【画像ギャラリー】惜しまれながら引退した「はりまや号」の勇姿