東日本大震災から10年 気仙沼線・大船渡線BRTの成長

スーパーバストピっ!! 東日本大震災から10年 気仙沼線・大船渡線BRTの成長

 2021年3月11日、東日本大震災からちょうど10年の日を迎えた。

 津波で大きな被害を受けたJR気仙沼線・大船渡線の沿岸部について、JR東日本は鉄道での復旧を断念。BRT(バス高速輸送システム)として営業を再開した。

 以来、地域のニーズに応えたルート変更や新駅開業、ダイヤ改正を重ねて利用者にしっかり定着。2020年4月1日には鉄道事業を正式に廃止した。ここでは気仙沼線・大船渡線BRTの開業時と現在を比較して、その成長ぶりを振り返ってみたい。

取材・撮影/加藤佳一(BJエディターズ)
写真協力/東日本旅客鉄道盛岡支社
※2021年3月発売「バスマガジンVol.106」より

【画像ギャラリー】気仙沼線・大船渡線BRTの路線風景と現有車両、路線図を見る


■気仙沼線は専用道を次々に延伸 市街地の駅を増やした大船渡線

気仙沼市立病院を発車する気仙沼線BRT。2017年の病院移転に伴い一日7往復が乗り入れている

 JR気仙沼線は柳津(やないづ)~気仙沼間55・3kmをBRTとして営業することとなり、2012年12月から運行を開始した。

 線路跡を活用したBRT専用道は当初、歌津~陸前港間、陸前階上(はしかみ)~最知(さいち)間のみだったが、バスならではの低いホームの新設、待合室やトイレのリニューアルなどを各駅で実施した。

 13年4月には本吉~小金沢間、大谷海岸~陸前階上間、最知~松岩間、不動の沢~気仙沼間、9月には陸前戸倉~志津川間、陸前港~陸前小泉間の線路跡を整備して次々に専用道を延伸。

 20年3月の松岩~不動の沢間をもって、街全体が嵩上げされた志津川市街と小金沢~陸前階上間を除く区間で、専用道を走行するようになった。

 並行して新駅の設置にも取り組み、専用道上に岩月、赤岩港、一般道区間に志津川中央団地、南三陸町役場・病院前、気仙沼市立病院の各駅が新たに開業している。

 一方、大船渡線BRTは気仙沼~盛間43・7kmをBRTとして営業することとなり、13年3月から運行を開始した。当初のBRT専用道は大船渡~盛間と短かったが、気仙沼線と同じように駅設備のバリアフリー化を行っている。

 内陸部の峠で県境を越える上鹿折(かみししおり)~陸前矢作(りくぜんやはぎ)間は、曲線や勾配が多く専用道に不向きであり、一般道も幅員が狭く大型バスの走行が困難だった。

 そこで気仙沼~上鹿折間、陸前矢作~盛間の区間便、沿岸部の国道45号で県境を越える気仙沼~盛便の3系統を設定。気仙沼~上鹿折間はミヤコーバス鹿折線をBRT運賃にして代行させた。

 また高田市街は街全体が嵩上げされたため、専用道は気仙沼~鹿折唐桑間、陸前矢作~竹駒間、小友~盛間にとどまっている。

  半面、駅の新設は積極的に進めており、気仙沼市の一般道区間に八幡大橋(東陵高校)、唐桑大沢、陸前高田市の一般道区間に長部、陸前今泉、奇跡の一本松、栃ヶ沢公園、高田高校前、高田病院、西下、大船渡市の専用道上に碁石海岸口、大船渡丸森、大船渡魚市場前、地ノ森、田茂山と計14駅が開業した。

 バスの機動性を生かしたきめ細かい輸送を実施している。

■所要時間を短縮した気仙沼線 大船渡線は快速の経路を変更

待合室のある駅に設置されたバスロケーションシステムの液晶表示。バスの現在位置と運行状況を知らせてバス待ちのイライラを解消している

 気仙沼線BRT開業時のダイヤは、柳津~気仙沼間15往復、陸前戸倉~気仙沼間下り1本、志津川~気仙沼間下り5本、上り3本、本吉~気仙沼間12往復(一部は土日祝日運休)で、本吉~気仙沼間は日中でも30分間隔という高頻度の運行。

 また柳津~気仙沼間の所要時間は最速1時間56分だった。15年6月には一部の便をJR石巻線の前谷地(まえやち)駅まで延長している。

 現在のダイヤは前谷地~気仙沼間5往復、柳津~気仙沼間10往復、陸前戸倉~気仙沼間下り1本、志津川~陸前小泉間快速上り1本、志津川~気仙沼間下り6本、上り3本、本吉~気仙沼間下り13本、上り16本(一部は土日祝日運休)で、開業時の運行間隔を維持。

 また柳津~気仙沼間の所要時間は最速1時間46分となり、専用道の延伸により10分短縮されている。

 大船渡線BRT開業時のダイヤは、気仙沼~盛間快速5往復、各停下り7本、上り6本、気仙沼~高田間1往復、陸前矢作~盛間下り13本、上り15本、陸前矢作~高田間下り5本、上り4本。快速は高田病院~下船渡間を国道45号経由でショートカットしていた。

 現在のダイヤは気仙沼~盛間快速下り8本上り7本、各停下り7本上り5本、気仙沼~陸前高田間快速上り1本、陸前矢作~盛間下り10本、上り14本、陸前高田~盛間下り2本、陸前矢作~陸前高田間下り9本、上り6本(一部は土日祝日運休)で、専用道の延伸により快速を陸前今泉・高田高校前・高田病院通過に変更。

 平日朝には気仙沼線BRTの本吉行き1本を鹿折唐桑始発で運行する。

次ページは : ■現在の稼働車両は3種類35台 今年は自動運転の走行試験も

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…