バスの運賃箱はまさに魔法の箱!! 事業者ごとに能力が異なる設定にすべて対応!!

バス用品探訪 事業者個々のオーダーにきめ細かく対応する小田原機器の運賃箱

 路線バスや観光バスにはさまざまな車載用品が搭載されている。この企画は車載用品にフォーカスし、その奥深い世界を知ろうというものである。

 今回は運賃箱製造を行う小田原機器を訪ね、機材を見せてもらった。事業者個々でそれぞれ強いこだわりの部分があり、オーダーメイドとなるといっていいのが運賃箱。最新機種では単に運賃を回収するだけの機械ではなくなっており、その進化は続いている。

(記事の内容は、2018年1月現在のものです)
執筆/小林敦志
※2018年1月発売《バスマガジンvol.87》『バス用品探訪』より

【画像ギャラリー】運賃箱を製造する小田原機器を訪問!! 最新機種で見る“進化する運賃箱”(11枚)画像ギャラリー

■単なる運賃箱の枠を超え留まることなく進化する

小田原機器本社に保管されていた、小田原機器の歴代整理券発行機。右写真の左端にあるのはSAN I型。これは日本で最初に開発された軟券式整理券発行機となる

 日常生活で路線バスを利用すれば必ず目にするのが運賃箱。現金だけでなく、ICカードの利用やチャージ、さらに機種によっては回数券あるいは1日乗車券の発券などまで可能となる多機能ぶりは、日本ならではのものといっても過言ではない。

 今回はそんな運賃箱について、国内シェアで約半数を占める小田原機器を訪れ、話を聞いた。

小田原機器の歴代運賃箱や整理券発行機、両替機などが数多く保管されていた。試作機なども保管されており、その数の多さも含め驚いてしまった

 まず驚かされたのが、各バス事業者で細かい“こだわり”があり、それぞれの運賃箱に反映されているということ。そのためオーダーメイド感覚で運賃箱の製造が進められるとのことである。

 例えば、整理券発行機には、主流の感熱式ではなく、いまだにスタンプ式にこだわる事業者もあるとのことである。今回紹介する運賃箱の最新機種では多言語表示にこだわったものになっていたりしている。

運賃箱に投入された硬貨は写真のように1枚ずつ金種を確認することが可能。きちんと運賃の投入が確認できると、金庫へ硬貨が送り出される。この運賃箱をオーダーした事業者の強いこだわりのひとつである

 もうひとつ驚いたのが、運賃箱という枠を超えて進化しているということ。“音声合成システム”と情報共有することで利便性を大幅改善するだけでなく、金庫に利用者数や運賃売り上げなどのデータの記録が可能となっており、納金と同時に記録データを回収することで、運行ダイヤの作成などに生かされている。

 今後は顔認証システムを導入した運賃収受システムなどの登場も十分ありうるとのことなので、運賃箱の進化は今後ますます目が離せないといえるだろう。

いまや都市部では当たり前のように使っているのが交通系ICカード。各地のJRや私鉄系などで名称だけが異なるのかと思いきや、ICカードの情報を読み取るリーダー(業界ではアンテナと呼ぶそうだ)のサイズが異なるとのこと。実際関東圏のPASMOと関西圏のPiTaPaのリーダー部を今回特別に並べてもらうと、確かにサイズが異なっていた。タッチ部の表示デザインも個々に異なるとのことである
【画像ギャラリー】運賃箱を製造する小田原機器を訪問!! 最新機種で見る“進化する運賃箱”(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!