連結バス? 連接バス? 連節バス? 呼び名はどれが正解!?あの18mの長〜いヤツは牽引免許は不要ってマジ!?


 最近流行りのバスが2台つながった感じのアレ。連結バス・連接バス・連節バスと色々な呼び方があるが、本当はどれが正解なのか? そして長いバスはトレーラーのように見えるが運転免許はどうなっているのか? ハッキリさせようじゃないか!

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】連結バス? 連接バス? 連節バス? ハッキリさせよう!! あの18mの長〜いヤツは牽引免許は不要だからね(7枚)画像ギャラリー

長さはなんと18メートル!

 日本で走る大型バスの全長は最大で12mだ。そして2台分あるように見えるあの長いやつは18mもある。で、アレは「連節バス」が正しい。一方で小田急や路面電車やフランスのTGVのような鉄道車両で、2車体を1台で受け持つような台車を履く車両は「連接車」という。

 路面電車でも最新のLRT車両のように、車両はつながっているものの連接台車を持たないものは一般的には「連節車」だ。これらは現在主流の3軸(1両目がバスと同じ2軸で2両目が後輪1軸だけ)連節バスと同じ構造だ。

 本稿で取り上げる連節バスはあくまでも連節バスとして製造された車両で、後から連結させたトレーラーバスとは異なるものであることに留意していただきたい。

Fukuoka BRTのメルセデスベンツ・シターロG(西日本鉄道)

 連節バスはにもさまざまな種類があり、最大の違いはエンジンがどこにあるのかということだ。日本でシェアが高いのはエンジンを最後尾に積んだ方式。海外では1両目に積んで2両目はけん引されるスタイルの方式もある。最後尾にエンジンがある方式では前方は操舵を担当し動力は持たず、後方から押されているということになる。

 日本のバスの全長は、最長12mと規定されている。では18mの連節バスはそれに照らすと走れないことになる。そこで定められた運行経路のみを走ることを条件に、国土交通省から特例で緩和された結果運行が可能になっている。よって通行止めや事故による迂回は事前に定められた迂回経路がある以外はできない。

シターロGは幅もアウトなのだが…

 現在日本で最も多く見かける連節バスのひとつにメルセデスベンツのシターロGがある。国産の連節バスも増えてきているがまだ少数だ。このベンツの車両は欧州仕様の車両を日本仕様にして輸入されたバスだ。

 日本仕様とはいっても車体サイズは欧州仕様(右ハンドルの英国仕様)のため、全幅が2.55mで日本の保安基準である2.5mを5cmだけ超えている。これも特認でOKになっている。

全幅2.55mのシターロG(西鉄バス北九州)

 また日本での運行で必要な非常口もない。そこで日本のシターロGでは非常時に窓ガラスを破って脱出するためのハンマーを窓ガラス付近に設置することで、非常口に代える措置で運行が認められた。

 そうまでして連節バスを導入しなくてはならない理由は、運転士不足で運行本数を確保できない事業者が、1台で2台分の乗客を運ぶことができる連節バスを切望したためだといわれている。

運転するために必要な免許は?

 連節バスは連節ターンテーブルで前後の車両が接続されているので、鉄道の連結器のように容易に解結できる構造ではない。このように半永久的に連節のまま走る車両には「けん引免許」は必要ない。

 そもそもトレーラーや鉄道車両のように、複数の車体がつながっているというものではなく、18mという長い車体の1台の単車バスの胴体が、カーブや曲がり角走行時にスムーズに通過するために“折れ曲がる”構造を持っている、と考えていただきたい。なので“節”なのである。

 連節バスばかりではなく、無建機のホイールローダーなどには胴体の中間が折れ曲がる“アーティキュレート構造”を持つものもある。こちらも同じ原則で、[胴体が折れ曲がる単車体]だ。

 よって当然ながら、営業運転のために「けん引二種免許」も不要だ。(最初に本稿では除外するとしたトレーラーバスは必要)営業運行であれば大型二種免許だけで運転できるし、自家用や回送であれば「大型一種免許」で運転が可能だ。

この曲がり方はフルトレーラー(西鉄バス北九州)

 連節バスにはけん引免許は不要だが、車両の挙動はフルトレーラーと酷似しているため、事業者により異なるものの連節バスの運行を担当する運転士にはけん引免許を取得させているバス会社もある。

 連節バスに追いついたら「全長18m! 激長自動車!!」意識していただき、何しろ自由に動き回れる車両ではないので、無理な追い越しなどはせず、是非とも道を譲っていただきたいものだ。

【画像ギャラリー】連結バス? 連接バス? 連節バス? ハッキリさせよう!! あの18mの長〜いヤツは牽引免許は不要だからね(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。