日本最古のバス路線はどこだ?100年越えってマジ!? 


 毎年9月20日は「バスの日」。これは公的な記録が残っている日本初の路線バスが京都を走った日を記念したものである。

 1903年の路線バスデビューから120年近くが経とうとしているが、今日で最も古くからあるバス路線はどこなのだろうか? 歴史の1ページを覗いてみる!

文・写真:中山修一
古写真出典:日本乗合自動車協会十年史(1937)より

【画像ギャラリー】まさかの100年越え!? 日本最古のバス路線はどこだ?(5枚)画像ギャラリー

候補1:二井商会による京都乗合自動車(1903年)

 明治36(1903)年に開業した日本初の路線バスが、二井商会の乗合自動車だ。堀川中立売を起点に、七条停車場(現在の京都駅に相当)までと祇園石段下まで向かう2つの路線があった。

 6人乗りに改造した蒸気自動車による運行で、七条行きが7:00〜15:00までの往復運転。祇園石段下行きが15:00〜0:00までの往復運転を行なっていた。

 運賃は1区間あたり4銭。感覚的には今の300〜400円といったところだろうか。

二井商会の京都乗合自動車が新聞に掲載した開業告知の広告

 二井商会が営業していたバス路線が今も存在するかと言えば…経路は少し異なるようだが、京都市営バスの路線網が京都駅(七条停車場)〜堀川中立売〜祇園をカバーしている。

 堀川中立売〜京都駅の路線なら9系統で約24分230円。堀川中立売〜祇園線は経路違いの12系統直通(230円)のほか、9系統と202系統を乗り継ぐ(約30分460円)と、当時に近いルートが再現できるようだ。

 元祖にして現役!?な興味深い結果と言える。ただし、二井商会の路線バスは9月の開業から4ヶ月ほどで廃業してしまったので、現在の京都市営バスとは関係がなく、開業当時からの流れを組む路線、というわけではないのがちょっと惜しい。

二井商会が路線バスを走らせる舞台となった京都

候補2:山口安次郎の乗合自動車(1910年頃)

 明治40年代に三重県の津市〜川原田間を、ホワイト社製12人乗り蒸気自動車で結んだバス路線。

 現在の津駅前〜河原田駅に置き換えて検索してみると、河原田駅前にバス停がなく、似たルートを走るバス路線も存在しなかった。

候補3:尾崎鐵之助の乗合自動車(1911年)

 明治44(1911)年5月から、三重県の外宮前〜内宮前間で運行を開始した。当初は蒸気自動車が使われるも故障が頻発し、後に8人乗りフォードが導入された。

 現在も三重交通51系統が外宮前〜内宮前間の路線バスを走らせており再現できる。所要時間約20分・440円の乗りバス旅だ。

 こちらも二井商会と同様、現在のバス会社(三重交通)との関係はなく、純粋な“最古”とは言い難いかも。

候補4:南信自動車(1910年)

 明治43(1910)年、長野県の飯田〜伊奈間49kmで営業を開始。クレメントバイヤー又はロイドの車が使われ、運賃は1円10銭であった。

 南信自動車はなんと現在の南信交通のルーツとなっており、今もバス路線があれば、開業時から一本道で繋がるという意味で、いよいよ最古クラスの登場か!?

 さっそく現状を飯田駅〜伊那市駅に置き換えて調査してみると…残念ながらバス路線が今は存在しないようだ。

候補5:下田自動車(1916年)

 大正5(1916)年に静岡県の下田〜天城峠〜大仁間で営業を開始した路線バス。大正12(1923)年の鉄道時刻表に掲載された同社の広告によると、1日4便・所要時間約3時間、運賃は通しで6円30銭とある。

 下田自動車は昭和7(1932)年に東海自動車と合併して今日の東海バスに至るため、開業当時からの流れを組む条件はクリアする。

 では同等のバス路線が現存するだろうか? 現在は乗り換えが必要で、やや経路が異なるものの…

東海バスS20系統で下田駅→河津駅
C50系統河津駅→天城峠→修善寺駅
C80系統修善寺駅→大仁駅前

…と、東海バスのみで到達でき、ルートの中でもメインの区間である天城峠越えも行える。

 バスがうまく繋がった場合の所要時間は下田発で約4時間(100年以上前のほうが早く着けたらしい)、運賃は2,740円となっている。

 開業当初の事業者をルーツに持つ会社の路線バスに乗って、昔と同等の始点から終点まで、大体同じ経路を通って向かえるという意味では、この東海バスの路線が最古クラスである可能性が極めて高い。

 また、大正6(1917)年に当時の伊東自動車(のちの東海バス)が開業した大仁〜亀石峠〜伊東間の路線も、現在は亀石峠止まりとなっているが、東海バスC80系統がよく似たルートで運行されている。

 日本全国バス路線のうち最古はどこか…事業者の歴史的な繋がりを気にしなければ、路線バスの元祖・二井商会の乗合自動車線、現在まで同じ流れを組むバス事業者が運行している路線なら、東海バスの天城峠越えルートが最有力と見られる。

 今や誰も見たことがない時代となったバスの黎明期はもちろん、過去に経験した懐かしいバス風景を想像しながら、ゆっくり路線バスに揺られるのもロマンや旅情を掻き立てられて楽しいものだ。

【画像ギャラリー】まさかの100年越え!? 日本最古のバス路線はどこだ?(5枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【9月26日発売】バスマガジン115号!!  新潟交通グループ特集や三菱ふそうの2階建てバス試乗記など楽しいバス情報満載!!

バスマガジン Vol.115は9月26日発売! 美しい写真と詳細なデータで読者を魅了するバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]は、新潟交通グループを特集。人気の赤いルーフにシルバーボディのバスが誌面に勢ぞろい!