乗り間違えた? いえいえ合ってます! 豪華なシートの一般路線バス「ワンロマ車」って?

乗り間違えた? いえいえ合ってます! 豪華なシートの一般路線バス「ワンロマ車」って?

 少し前まで、普段利用している路線バスに乗ると、観光バスのような前向きシートが並んだクルマに出くわす機会がごくたまにあった。一瞬乗り間違えたのかと思ってしまうほどだが、運賃も同じ普通の路線バスなのだ。

 そんな設備の路線バス車両を総称して「ワンロマ車」と呼ぶ。果たしてどんなバス車両なのだろう?

文:中山修一
写真:中山修一/バスマガジン編集部

【画像ギャラリー】路線車と高速車の中間を狙った!ワンロマ車(5枚)画像ギャラリー

路線車と高速車のイイとこ取り

 ワンロマ車は、一般路線バスでの営業運転のほか、高速バスとしても使用できるように作られた、路線車と高速車の中間(路線車/高速車の違いはコチラ!)にあたるバス車両だ。

 外見は路線車に近く、一方の内装は高速車に寄せてあり、路線車のベンチシートに比べると快適であるのがワンロマ車の特徴。高速道路を走行するためシートベルトも客席に付いている。

 「ワンロマ」という言葉自体は、京王電鉄バスでの呼び名がルーツと言われている。ワンマンとロマンスシートを掛け合わせた「ワンマンロマンスシート」を略したものだ。

朝の時間帯に一般路線バスとして使用される東急のワンロマ車
朝の時間帯に一般路線バスとして使用される東急のワンロマ車

 ロマンスシートは正面向き2人がけの座席を意味する和製英語で、昭和初期に宣伝文句の一つとして使われ始めたらしい。ロマンスシートの起源は映画館とも鉄道の車内設備とも伝えられる。

 英語ではロマンスシートのことをラブシートと表現する。ラブシートの歴史は17世紀頃から始まり、初めは女性用であった。当時はドレスの幅が広かったため、1人がけのイスに2人分のワイドさが必要だったわけだ。

 後にファッションが変化するにつれて、ラブシートもカップルをターゲットにした販売方法に変わっていった。日本のロマンスシートが海外のラブシートからヒントを得たものであるのか、接点はなく偶然似たような発想で誕生したものなのかは不明だ。

 ワンロマ車に標準装備されているロマンスシートは、背もたれが高くリクライニング可能な作りであることが多い。シートが比較的良い半面、立ち席人数が少ないのと、荷物を置けるスペースが限られている。スーツケースのような大荷物を持って乗る際は、ちょっと苦労する。

ワンロマか否かの判断基準!?

 では、背もたれの高い2人掛けシート(ハイバックシート)が付いていて、外見が路線車であれば全部ワンロマ車になるのだろうか? ワンロマに確たる定義はないため、ワンロマ車と言えばそうであるが、これまた線引きが難しい。

 地方の比較的長い距離を走る一般路線バスの中には、ハイバックシートを装備している路線車も普通にあるのだが、こういった車両はあまりワンロマとは言わない。ただし、全くワンロマと無関係なわけでもない。

 ワンロマ車かどうかを区別するため、強いて条件を付けるとすれば……
・見た目が路線車
・ハイバックシート(リクライニング含む)
・営業運転で高速道路を走れる
・設備はどうあれ事業者がワンロマと呼んでいる

……あたりだろうか。
 また、上の条件を満たした、関東地方で使われる車両のことを特にワンロマと呼ぶ傾向がある。

路線車とは趣が異なる東急のワンロマ車の車内
路線車とは趣が異なる東急のワンロマ車の車内

次ページは : どこで乗れるのか?

最新号

【6月20日発売】巻頭特集は「旭川電気軌道」と「ふらのバス」のダブル事業者!! ほか楽しいバスの企画満載の バスマガジン125号!!

【6月20日発売】巻頭特集は「旭川電気軌道」と「ふらのバス」のダブル事業者!! ほか楽しいバスの企画満載の バスマガジン125号!!

【6月20日発売】巻頭特集は「旭川電気軌道」と「ふらのバス」のダブル事業者!! ほか楽しいバスの企画満載の バスマガジン125号!!