ひまわり、すいせん!? 実は名前があった!! バス停看板の名称7選


 バスが発着するポイントには必ずバス停標識が置いてある。標識本体に注目すると、事業者や場所によって様々な形をしているのに気づく。

 そんなバス停標識にも、実は形状ごとに複数のメーカーでほぼ共通の総称があり、意外なものに例えた呼ばれ方をするようだ。

文・写真:中山修一

【画像ギャラリー】どのタイプ?全国各地の多彩なバス停標識(4枚)画像ギャラリー

(1)ひまわり型

 バス停を絵に描こうとすると、大抵はこの「ひまわり型」になるハズ。

 ひまわり型は、コンクリート製台座の中心部にポールが1本立ててあり、真ん中あたりに時刻表などを掲示するための四角い板が取り付けられ、最上部にバス停の名称とバス事業者を記す丸いプレートが掲げられているタイプだ。

3本ともスタンダードなひまわり型標識(茨城県)

(2)あじさい型

 コンクリート製台座にポールを1本立てた形態は、ひまわり型と同じであるが、時刻表などを掲示する箇所が、板ではなく厚みのある箱状になっているのが、あじさい型の特徴だ。

(3)しらゆり型

 1本のポールで支えるタイプで、停留所名と時刻表の表示部分全体を楕円状のフレームで囲ったものをポールと繋ぎ合わせてある。

 金属パイプのフレームの内側に表示板を取り付けた薄手のタイプと、表示部分がフレームと一体化している厚手のタイプがある。

移動式台座に取り付けられた、しらゆり型標識の一種(北海道)

(4)すいせん型

 逆U字状のフレームをコンクリートの台座に差し込み、フレームの内側に表示部分を取り付けたものを「すいせん型」と呼ぶ。掲示スペースを多めに取れるのが特徴とされる。

すいせん型標識の一種。上部の丸みが特徴(千葉県)

 上記4種類はコンクリート製の台座に取り付れば移動が可能。非点灯式で電源を必要としない点からも、低コストかつ比較的管理がしやすいと言える。

(5)明星型

 こちらはポール1本で支えるタイプ。どちらかと言えば地面に埋め込んで使用する、より本格的なバス停標識だ。

 ポールの上に縦長の箱状をした表示部分を乗せたもので、コンニャクの田楽のような形をしている。4面使えるためバス停標識の中でも掲示スペースが特に大きい。

停留所標識の中では特に大柄な明星型(愛媛県)

(6)金星型

 埋め込み式かつ1本のポールに箱状の表示部分を乗せた形態は明星型とよく似ている。ただし、明星型を真上から見た場合、表示部分はほぼ正方形となるが、一方の金星型は長方形をしている。

 明星型と金星型は、表示部分の内側に照明を組み込んだ電照式が一般的で、夜間の利便性が高くなっている。

金星型標識の一種。幅狭な面に行先案内が掲示されている(北海道)

(7)その他

 上記6種類に当てはまらないバス停標識もかなりあるようだ。

 例えば「すいせん型」とよく似た形態ながら、フレームが逆U字状ではなくコの字状になっているタイプの場合、標識の上部が丸くないため、形状的にすいせん型から外れるが別の総称はない。

 単純に「二面式」とでも表現するのが適当と思われる。

 他にも、台座に1本のポールを立て、縦長の角形フレームで表示部分を囲い、その上に停留所名の丸い板を取り付けたスタイルも存在する。ひまわり型の変形と言えそうだが、こちらも総称的には「二面式」の一種に入るだろう。

 支持用ポールを使わず、停留所名と時刻表、バス接近案内などすべて一体型させた縦長の箱を地面に直接取り付けた、完全固定型のバス停標識にも総称は特にないようだ。

 総称のあるバス停標識は、非点灯式なら花系、電飾が付いているものは星系で揃えられているのが見て取れる。近くに置かれているバス停が花か星か、散歩がてら軽くチェックしていくのも楽しい。

【画像ギャラリー】どのタイプ?全国各地の多彩なバス停標識(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【11月28日発売】バスマガジン116号!!  江ノ電バス特集や幻の名車三菱ふそうMR430復活劇など楽しいバス情報が満載!!

バスマガジン Vol.116は11月28日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]では、江ノ電バスを特集!!