バス運転席の飛沫感染防止対策商品を発売 〜いすゞ自動車 〜


 いすゞ自動車から、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みとして、運転席の飛沫感染防止対策商品が発売された。

文:バスマガジン編集部


新型コロナウィルス対策用メーカー純正パーツ発売

飛沫感染防止対策商品設置例。運転席左後方からのアングル

今回いすゞ自動車から初パイされたコロナ対策グッズは、運転席と座席の間に仕切りを設置することで、飛沫感染を抑制するアイテムだ。

飛沫感染防止対策商品設置例:運転席からのアングル。運転席は隔離されたような状態になる

 現在運用中のバスにも取り付け可能。難燃性の部品を採用し安全性に配慮するとともに、バタつき防止マグネットや、吊り下げ部分にベルトを採用するなど使用の際の利便性の向上にも工夫されている。

飛沫感染防止対策商品取り付けキット一式

 乗客はもちろん、乗務員をも守るバスのアドオングッズ。このメーカー純正のアイテムの導入でコロナ渦を乗り切りたい。