三菱ふそうバス製造にウェルカムセンター登場!! 敷地内に検収レーンとショールームを兼備


 1950 年にバスを製造する呉羽自動車工業株式会社として操業を始めてから、今年で70 周年 を迎える三菱ふそうバス製造。ふそうブランドのバスを製造しているこの会社において、このたび本社敷地内にあらたな機能を持った施設が誕生した。

文/写真:バスマガジン編集部


5つの検収レーンに加えバスを展示するショールームを併設

大きなガラスで構成されたウェルカムセンターの建屋。未来的なデザインで、多くの機能を内包する優れた施設だ

 三菱ふそうトラック・バス株式会社は、三菱ふそうバス製造が本社・工場の敷地内にバスのショールームと検収レーンを兼備した「ウェルカムセンター」を新設し、9 月29 日より稼働を始めたことを発表した。

この日、第1号利用者として検収が行われた沖縄バスのMS。ほかにMPも同時に導入された。沖縄の空と海をイメージしたカラーリングが眩しい!!

 この「ウェルカムセンター」は、大型観光バスを2 台展示することが可能なショールームを併設する、製造したバスを顧客に納車する前に顧客と共に車両確認作業を行う検収設備だ。

 大型バスを5 台同時に検収可能にする5 つのレーンに加え、 5 つの検収レーンには可動式の仕切りを備え、異なるバス事業者が同時に検収を行う際にも秘匿性を保てる構造を持つ。

建屋無いにある検収レーンは5台同時にバスを置くことができる。1台ずつを仕切る可動式パーテーションが用意されており、他事業者が同時刻の検収となった場合にも、プライバシーが確保される

 同社にはこれまでも検収設備を持っていたが、このたびのリニューアルにより、より正確な検収作業と顧客満足度の向上を図ろうというものだ。

 なお、同社正面入り口道路に面したガラス張りのショールームには、完成車両を展示することで、 ふそうブランドと企業認知度向上も目指す。

「ウェルカムセンター」落成式典テープカットのシーン。左より沖縄ふそう自動車 代表取締役・與那覇明社長、沖縄バス取締役・新川幹夫常務、沖縄バス 代表取締役・中山 良邦社長、MFBM高羅克人取締役会長兼バス販売本部長、MFBM取締役・藤岡 佳一郎社長、MFBM取締役・日出嶋達郎CFO

 三菱ふそうバス製造取締役の藤岡佳一郎社長は

 「最新鋭のウェルカムセンターは、ふそうバス事業の先進的な設備です。大規模な投資を行い、今回の完成につなげたことは、地域のみなさまと従業員、そしてバス事業に対する未来を見据えたコミットメント です」と話した。

検収が醜虜した車両の前で、MFBM高羅取締役会長より沖縄バスの中山社長へゴールドキーが授与された

 また、三菱ふそうトラック・バス代表取締役兼ダイムラー・トラック・アジア代表のハートムット・シッ ク社長は

「当設備がお客様へのおもてなしの精神を示し、ふそうブランドの多様な製品の優れたショーケースとし て機能してくれることを確信しています。MFBM と共に、引き続き優れた製品をお客様にお届けしていき ます」

とこのたびの施設への大きな期待度を語った。

ウェルカムセンターの1F、広いフロアには、大型バス2台を展示する予定だ。写真のようにホールとしても機能する