日野ポンチョが電気バスに!!『日野ポンチョ Z EV』2022年春に登場!!地域の顔として定着したポンチョがEV化

『日野ポンチョ Z EV』は2022年春に登場!地域の顔として定着したポンチョがEV化

 日野自動車株式会社は、小型EVバス「日野ポンチョ Z(ズィー) EV」を2022年春に発売する予定。都市部のコミュニティバスとしてはすっかり地域の「顔」になっているポンチョだが、EVになり新登場だ。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】日野ポンチョ Z EVとノーマル日野ポンチョを写真でチェック!


EVでよりスタイリッシュになるポンチョ

『日野ポンチョ Z EV』は2022年春に登場!地域の顔として定着したポンチョがEV化
「日野ポンチョ Z EV」車両外観イメージ

 2002年に発売した小型ノンステップバス「日野ポンチョ」は、地域の足として全国で数多く採用されているディーゼルバスだ。昨今の地球環境問題への関心の高まりを背景に、生活に密着した存在であるポンチョのニーズは多い。

 今回市場に投入する「日野ポンチョ Z EV」は、ユニバーサルデザインとコミュニティバスに最適なパッケージングという「日野ポンチョ」の特長はそのままに、EV化によりクリーンな輸送を実現する。

『日野ポンチョ Z EV』は2022年春に登場!地域の顔として定着したポンチョがEV化
日野ポンチョEV

 広いフルフラットエリアと低床・ノンステップ構造により、乗り降りや車内移動がしやすく、車いすやベビーカーをはじめ、あらゆる旅客に利用しやすい車両だとのこと。

 シンプルで丸みのある親しみやすい外観デザインは街と調和し、EVならではのゼロエミッションと低騒音で地域にやさしく人々の暮らしをこれからも支える。

『日野ポンチョ Z EV』は2022年春に登場!地域の顔として定着したポンチョがEV化
無料巡回バスにも使用されている現行ポンチョ(富士急行・記者撮影)

 また住宅街のような狭い道でも小回りの利く高い機動性や、コミュニティバスに十分な航続距離も確保し、高い実用性も備えている。

 同モデルは、電動車導入・運用におけるソリューション提供を行う株式会社CUBE-LINX(日野と関西電力の合弁会社)が手掛ける、電動車最適稼働マネジメント事業の取り扱い車両としてもラインナップする予定。

『日野ポンチョ Z EV』は2022年春に登場!地域の顔として定着したポンチョがEV化
路線バスとしても活躍する現行日野ポンチョ(富士急行・記者撮影)

日野ポンチョ Z EVの諸元は?

 気になる日野ポンチョ Z EVの諸元は次の通りだ。

全長×全幅×全高 6,990×2,090×3,060 [mm]
車両総重量 約8,000 [kg]
乗員 約30人 ※シートレイアウトにより異なる
バッテリー種類 リチウムイオンバッテリー
容量 105 [kWh]
モーター最大出力 161 [kW]
充電方法 急速充電(CHAdeMO方式)

 進化したポンチョがモーターの力強いトルクフルな走りを見せるのも遠い将来ではない。バスファンとしては楽しみに待つことにしよう。

【画像ギャラリー】日野ポンチョ Z EVとノーマル日野ポンチョを写真でチェック!