自動運転のポンチョに試乗!! 京王バスCH01系統の実証実験にバスの近未来を見た!


 京王電鉄バスは、東京都が公募した「令和3年度西新宿エリアにおける自動運転移動サービス実現に向けた5Gを活用したサービスモデルの構築に関するプロジェクト」のプロジェクト実施者として採択され、西新宿エリアにおいて路線バスを用いた自動運転の実証実験を行っている。実際に乗車してみたのでレポートする。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
写真:小野寺利右

【画像ギャラリー】CH01系統と同じ経路をポンチョが自動で走る!京王バスの実証実験に乗ってきた(17枚)画像ギャラリー

目的や課題はさまざま

 同社ではトンネルや半地下、高層ビル群など自動運転での走行には過酷な環境下で、5Gを活用し新たなシステム開発等による自動運転の実証運行を行うことで、本格運行に向けた技術面・運用面での検証を図る。

 さらに、今後の「少子高齢化・コロナ禍での生活様式の変容によるお客様の減少」や「乗務員不足」または「輸送サービスの多様化」等のバス事業が抱える諸課題の解決に向けた検討をすすめる考えだ。

京王バスのCH01系統

 車両は日野ポンチョを使用し、前後左右のあらゆる場所にセンサーやカメラやレーダーが取り付けられ、現代のバス版建築限界測定車のような様子だ。GPSやこれらセンサーからの情報と、詳細な地図情報を照らし合わせて自動運転を実施するのだが、それらの情報は5G通信網を介して遠隔監視にも活用されている。

都営バスのCH01系統

 もちろん公道の交通は鉄道とは違い刻一刻と変化するので、道路の白線や縁石を認識する技術はもちろんのことだが、路駐している車両や横断する人間を検知し、バスを制御しなければならないところに難しさがある。

運行経路はCH01と同じ

 本実証実験の運行ルートは京王バス・都営バス共同運行のCH01系統とまったく同じだ。すなわち新宿駅西口(地下)から都庁を循環して新宿駅に戻るルートだ。

 このルート上にはトンネルや閉鎖空間があり、GPS電波を補足できない場所が多くある。そこは地図と実際のセンサーから入る道路状況をマッチングさせて運転する。

センサーがデコデコの日野ポンチョ

 乗客となれるのは専用のLINEアカウントで顔認証用の情報を登録した人だ。運賃は無料なので、あらかじめ写真を送っておけば自分の顔は登録されており、乗車の際に顔認証を完了させて乗車できる。

 有償運行の際には何らかの手段であらかじめ運賃を支払うか、登録した決済手段等で顔認証完了時に決済するか、そういった非接触式の運賃収受方法につなげたい考えだろう。

顔パスで乗車する

実際の実証運行は自動と手動の併用

 新宿駅西口の地下乗り場は、狭いロータリーになっており大型バスのCH01系統でも注意深くバス停に付ける。このロータリー内では手動運転になる。乗車が完了したバスは運転士の手動運転で発車しすぐにトンネルに入る。

上のモニターには運転席の様子が映し出される

 運転速度はおおむね20km/hと遅いので、ローターリーから出る車両を先に行かせてからトンネルに入る。そこで自動運転に切り替わり運転士はハンドルに手を添えているだけだ。

 車内のモニターには運転席の様子が映し出され、同乗している京王バスの担当者がその都度案内をするので何が起こっているのかがよくわかる。

自動運転中には手を添えるだけだが手動運転する場所もある

 トンネルを出ると都庁第一本庁舎に停車する。ここはバス停にピッタリと付けることができるかどうかが見ものだ。前後の位置はピッタリだが、バス停縁石からは2メートル程度離れて停車した。現在の技術ではこのあたりが限界のようで、今後の課題と説明があった。

バス停からは2メートルほど離れて停車

次ページは : 信号では必ず停車する?

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!