沖縄の本土復帰の象徴「ナナサンマル車」が主力!! 沖縄県 沖縄バス 編


 戦後復興の中、米軍管理下で運行が開始された公営バスの事業を引き継いで誕生した沖縄バスは、その後琉球バス(現・琉球バス交通)と双璧をなし、沖縄本島のほぼ全域をネットする事業者となった。

 沖縄返還後の1978年には、道路通行方式が改正され、車両は右側通行から本土と同じ左側通行に改められた。この際、左側通行用のバスが沖縄県に大量導入され、改正期日である7月30日にちなんで「ナナサンマル(730)車」と呼ばれ、沖縄の戦後の、ひとつの象徴となっていた。

 平成初期はこれらナナサンマル車がほぼすべて現役で、現在とは大きく異なる様相を呈していた。

執筆/写真:石鎚 翼

【画像ギャラリー】南の島に残る奇跡 沖縄の歴史の目撃者730車


いまでは保存車となったナナサンマル車がまだ全盛だった

●MP117K

MP117K
ナナサンマル車として大量導入された車両で、本土全域でその姿を見ることができた。現在は1064号車1両が動態保存され、旧塗装に変更されている。床下に空調装置を搭載した冷房車である

 沖縄バスは、系列に三菱系の自動車販売会社を持つことから、一貫して三菱製車両を導入していた(現在は自治体受託運行で他メーカー製も使用)。

 いわゆるナナサンマル車も三菱車で占められていたが、短期間で大量のバス(県全体で1019台)を投入するため、琉球バスは日野と日産ディーゼル、那覇交通はいすゞ、東陽バスは日野、と各メーカーが割り当てられていた。

 一般路線車の主力はMP117K型で、本土全域で使用されていた。しかし長尺のMP117M型については、標準的に採用していた呉羽自工(現・三菱自動車)製車体のボディだけでなく、三菱製ボディも並行して導入されることとなった。

●MP117M

MP117M
少数ながら長尺・三菱ボディのMP117系も導入された。元々ブルドッグと呼ばれるフロントグリルであったが、後年改造され、ヘッドライトベゼルが呉羽製と共通化された。画像の52系統は、那覇・屋慶名間の長距離路線である

 平成初期から中期にかけては沖縄本島各社の経営が急速に悪化した時期で、沖縄バスをの除く3社がいずれも経営破綻という憂き目にあっている。

これは従前のバス隆盛期の運行形態をそのまま踏襲し、路線の共同運行や便数調整などが行われなかったことに起因し、平成初期のころは、長大路線の高頻度運転など、本州では急速に失われていった光景が沖縄には多く残っていた。

MP117K型1台が現在も動態保存。一般路線でも運行中

 沖縄バスと琉球バスが運行する屋慶名線(那覇~屋慶名)など、所要2時間に達するような路線も1日120往復を超える便数が運行されていた。一方、国道58号線や、那覇市内国際通りの渋滞は激しく、定時性を大きく欠いており、バス離れが深刻化する時期だった。

 こうした経営上の問題から、大量導入を図ったナナサンマル車の計画的な老朽取換が進められず、やむなく多くのナナサンマル車が県内に残ることとなった。それでも沖縄バスは、本土大手事業者では唯一倒産を免れ、数は多くないものの新車の投入もコンスタントに続けられていた。

●MP517M

MP517M
こちらは観光バス仕様の車両ながらシャーシは路線バスベースのエアサスである。ナナサンマル導入車で、画像は120系統空港リゾート西線(那覇空港~名護バスターミナル)専用塗装に塗られていたころ

 ナナサンマル車の置き換えは1996年から一気に進められ、本土の中古バスがこの代替として充てられた。新車の導入も行っていた沖縄バスも同年、路線バス用に元自家用の中古車を導入、一定の期間は新車導入が貸切バスに限られ、路線バス用車両には専ら中古バスの導入が続いた。

 沖縄バスのナナサンマル車はこうして急速に数を減じたものの、MP117K型1台が現在も動態保存されており、一般路線でも運転されている。

 平成初期は車両の面でも戦後復興の象徴と言えたナナサンマル車の世代交代が始まるとともに、バス事業者のあり方、路線のあり方などが根本から見直される契機となる、大きな変化の始まりであった。

【画像ギャラリー】沖縄バス車両アルバム