目論んでいた需要が得られず なくなってしまった空港バス 【エアポートバスの話】


 空港バスのなかには、走らせては見たものの思ったような需要がなく、廃止になってしまった路線というのも実は多い。

 仙台空港のように過去は空港アクセスはすべてバスに頼っていたのに、鉄道ができてからは空港バスらしきものが1本も走らなくなり、最近になって意外なバス会社が乗り入れるようになった例もある。それぞれの事情を追ってみよう。

文/写真:谷川一巳(バスマガジンvol.86より)
※現在の状況と異なる場合がございます。

【画像ギャラリー】なくなってしまった空港バスたち


■鉄道が強かった仙台空港

仙台空港鉄道開通以前は仙台市営バスが空港アクセスに活躍していた

 冒頭に述べた仙台空港では、鉄道が乗り入れるまでは仙台市営バスの空港バスが空港アクセスのメインルートだったが、現在は1本も運行しなくなった。

 このほかに東日本急行、愛子観光の空港バス、また宮城交通と山交バスが運行する山形~仙台空港間、宮城交通、福島交通、JRバス東北が共同運行する福島~仙台空港間が運行された時期もあったが、これらはすべてなくなった。

 以降は地域の路線バスとして仙台バスと岩沼市民バス(コミュニティバス)が乗り入れるのみとなった。バスは鉄道の利便性にかなわなかったという例である。

 ところが、2016年、意外なバス会社が仙台空港に乗り入れる。会津若松~福島間を運行していた会津乗合自動車の高速バスのうち、3往復が仙台空港に延長された。福島からの乗降もできる。仙台空港には、地域の路線バス以外で乗り入れる唯一の存在が会津乗合自動車となった。

■期待されすぎだった? 中部空港

 期待されすぎた空港といえるのが中部空港である。名古屋では、それまでの小牧空港からセントレアこと中部国際空港が開港したとき、多くの空港バスが誕生した。

 しずてつジャストライン、豊鉄バス、名鉄東部観光バス、JR東海バス、八風バス、京福バス、伊那バス、現在アルピコ交通となった川中島バス、松本電気鉄道は2社そろって乗り入れた。

仙台市営バス撤退後、東日本急行が空港バスに参入するも間もなく撤退

 しかし、これらはすべて撤退している。確かに静岡や福井からわざわざ中部空港を使うとういう人が毎日大勢いるとは思えない。

 JR東海バスは新幹線からの乗り換え客を期待し、わざわざ名古屋駅の新幹線改札に近い側にバス停を設けての路線開設だったが(その場所が現在のJRバス乗場)、短期間で撤退している。

 同様に、空港が新しくなるとバス路線も新しくなるものの長続きしなかった例は多い。北九州空港が海上空港として新たに開港したときも、北九州市営バスとサンデン交通が乗り入れたが、短期間でなくなってしまった。

次ページは : ■羽田と成田の関係が路線に現れた