【高速バスアーカイブ第2回】豪華バス「箱根ビュー号」 観光客ばかりでなく一般利用客も多かった伝説の路線


 34人乗りの[箱根ビュー号]は、トイレ付の超豪華スーパーハイデッカーで、ほかのバスとは明らかに一線を画した存在だった。1990年、大都市からの各地への長距離バスはほぼ開業ラッシュも落ち着き、名古屋から関東の名だたる観光地である箱根までの路線が開業となった。

執筆/写真:石川正臣(バスマガジンvol.80より)


箱根を出発してからの険しい道も三島までは国道を走行した

ライオンズマークが各所に飾られたスペシャル仕様の路線車[箱根ビュー号]

箱根ビュー号
[伊豆箱根鉄道(現・伊豆箱根バス)/相手会社:ジェイアール東海バス]
箱根関所跡〜三島〜名古屋駅

 当時の昼行専用便は贅沢な車両を使用したケースが多かった。「箱根ビュー号」はスーパーハイデッカー、トイレ付きのゆったりとした34人乗りの超豪華バス。

 伊豆箱根鉄道(当時)にとっては初の高速路線で、ベテランのジェイアール東海バスとともにどちらのダイヤも名古屋を朝出発し昼に箱根に到着。箱根発は夕方発という1泊2日の箱根の旅として最適なダイヤであった。

相手会社はジェイアール東海バスだった

 秋の行楽シーズン最中の週末、1994年10月に乗車した。名古屋を発車したバスは箱根には昼過ぎに到着。紅葉も美しく、多くの観光者たちでにぎわっていた。

 乗降場は立派な関所跡バス停。窓口で予約の旨を伝えると予約台帳があり、即乗車券が販売された。着車したバスは同社が多く保有している観光バスとほぼ同じ外観。「箱根ビュー」のロゴが入り、定期バスや一般貸切バスとは一線を画している仕様であることが実感できた。

出発地である箱根関所跡。多数の観光バスに囲まれている中での出発だった

 定時の15時に4人の観光帰りの乗客を乗せて発車。関所跡を右へ出て芦ノ湖の湖畔に沿って国道1号線を走行。右手の芦ノ湖が見えなくなると静岡県に入る。

 高速道の普及で国道を走ることも少なくなったが、この路線はここ東海道を約30分間、連続する坂を下っていく。

いよいよ関所跡を発車!!

 夕陽浴びながら三島広小路でもう1人乗車し、三島インターから高速入りする。美しい夕陽を正面に浴びて東名高速道路を西へ。日没となれば外も静かになってくる。車線を変えながら快走する中、左車線に入る際には「左へ曲がります」とアナウンスされるが、左折でないことが不自然に感じられた。

 旅の中間地点である浜名湖で15分間休憩。美しい湖面が光っていた。乗客たちの多くが名産ウナギ弁当を購入して夕食としていた。

高速入りする前の休憩。三島インターにて

意外にも業績不振によりわずか6年で運行停止となった

 残るルートの後半では、すぐに中京エリアに入る。名古屋インターで高速降り、「星ヶ丘」で1人、「千種」で3人の下車客があった。

浜名湖サービスエリアで2度目の休憩

いずれも地元名古屋の人達だろう。夕方の混雑した名古屋市内は渋滞こそないものの、違法駐車が多くバス停は三重停車するなど苦労もあったほど。

 そして終着名古屋駅に到着、ここは現在の新幹線口ではなく高架下の暗いターミナル。広々とした現在のターミナルとは異なるムードだった。

快走する東名高速を西へ、外は暗くなり車内は静まりそしてゆったりと

 長距離バスの需要は当時、ほとんどの便で予想以上の利用者があり、各社の開業が続いたが自社エリアに高速道がなかったり大都市以外では例外もあった。

 箱根ビューは名古屋からの観光路線としてスタートしたが、観光客も三島停車で乗降する地元客も利用はあったが、採算ベースの人数までには至らず、6年で運行に幕を閉じた。同社はほかに高速路線はなく、車両は他社へと売却された。

終点名古屋駅。蛍光灯の明かりがまぶしいくらい美しい

 ライオンズマークの高速バスはグループ会社でも多く見受けられるが、ここ観光地・箱根での同社は、長距離バス運行事業者として地味な存在だったがその半面、ファンには思い出と歴史に残る路線であった。