日本最長バス路線!! その距離1000km超の大冒険 伝説の存在「はかた号」に乗ってみた


 東京と博多を結ぶ高速バス「はかた号」は西日本鉄道が運行しており、30年以上の歴史を持つ人気の夜行バスだ。その人気から“キングオブ夜行バス ”と呼ばれるほどだが、客席の装備はまあまあといったところ……。それでも長い間運行を続けられる秘訣に実際に乗車してレポートする。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)
動画がご覧になれない場合はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBからご覧ください。

【画像ギャラリー】乗りバスレポート「はかた号」!(11枚)画像ギャラリー

キングオブ深夜バス!

 はかた号は北海道発のテレビ番組で有名になった路線だ。「深夜バスではなく夜行バスだろう」と指摘する向きもあるだろう。事実「夜行バス」で「深夜バス」とはまったく異なる存在だが、その番組ではキングオブ“深夜”バスという栄誉を授かったことは事実だ。

 はかた号は1990年に西日本鉄道(西鉄)と京王帝都電鉄(京王電鉄・現在の京王バス)がそれぞれ1往復を出す形で1日2往復が設定されていた。

 記者は、はかた号に乗車するのは2度目だが、実は最初に乗車したのは開業間もない頃の上り西鉄便で、西工スーパーハイデッカーの独立3列シートに後部サロン付きという仕様だった。

 当時は山陽自動車道はまだ全線開通しておらず、中国自動車道・中央自動車道経由で新宿西口に向かっていた。また運行途中で給油を行う珍しい路線でもあった。

 山陽道が一部でも開通し陰陽連絡道路で中国道に戻れる場合は、順次経路をのせかえていく方式で、山陽道全通までは経路の変更が行われた。しかし、しばらくして京王が運行から撤退し、西鉄単独で1往復の運行路線になった。

 当時の夜行高速バスはセルフサービスで給湯機によるお茶やコーヒーのサービスがあり、はかた号にはさらに軽食サービスもあった。では先に動画をご覧いただこう。バスマガジンWEBかベストカーWEBでは埋め込みプレーヤーで視聴できる。

乗りバスレポート「はかた号」ダイジェスト

バスタ新宿

 記者が最初に乗車したのはもう30年ほど前になるので、今回はまったくの新規路線に乗りバスしたと考えて差し支えない。当時は北九州を経由しなかったので福岡市内を出ると新宿までノンストップだった。

 現在は新宿西口ではなくバスタ新宿から発車する。なお続行便は西口発となる場合がある。バスタ新宿が新宿区にはなく渋谷区というどうでもいい知識は置いておいて、JR線利用者以外は難儀するバスターミナルだ。

 キャリーケースを持つ旅客は各線の駅や路線バス停留所から相当歩かなければ、バス乗り場にたどり着けない構造になっている。

間もなく入線!

 はかた号も例外ではなく、ターミナルの発券所がある入口に着いても、さらに歩いて乗り場に向かわなければならない。

隣には同時刻発の博多行きが!

 はかた号ののりばに着いてもまだ時間が早くバスは入線していなかったが、となりを見ると、同時刻発の福岡行きの天領バスがすでに乗車扱いを行っていた。こちらはツアーバスの流れをくむ夜行高速バスで、はかた号とは違い新山口駅・小倉駅新幹線口に停車し博多に向かう。

先着の天領バスの横から西鉄が登場

 JR系のバス事業者が運行するプレミアムドリーム号を西鉄が、青春エコドリーム号を天領バスが運行しているようなものと例えたらいいだろうか。

 発車の10分くらい前にようやく西鉄のいわゆる「白夜行ゴールドロゴ」塗色のエアロクイーンが登場した。車両は運行開始当初から一貫して三菱ふそう製だが、車体は西工SDII、SDI、純正エアロクイーン、エアロキングと変遷し、現在では純正のスーパーハイデッカー、エアロクイーンが使用されている。

 最近ではスーパーハイデッカーを採用する高速バスは減っているので、実際に乗ってみるとアイポイントの高さはダブルデッカーほどではないにしろ、実感することができる。

次ページは : 個室を設置

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!