日本最長バス路線!! その距離1000km超の大冒険 伝説の存在「はかた号」に乗ってみた


個室を設置

 座席は前方に4室の個室(プレミアムシート)を設置し、それより後ろは3列独立シート(ビジネスシート)の2クラス制だ。今回は1番A席の個室をゲットした。

 運賃はダイナミックプライシング制で19000円だった。お隣の天領バスは、はかた号よりもわずかに先に出発したが、はかた号の乗車は6名で21時に定刻で新宿を出発した。

個室の座席

 東京側の乗車地はバスタ新宿だけなので、次の降車停留所は「小倉駅前」だ。首都高速に入り運転士の挨拶と案内が入る。約2時間走行後の静岡SAで1度目の降車休憩がある旨が案内される。

 特に渋滞もなく東名高速道路に入りウトウトしていると静岡SA到着の案内が入る。停車時間は約15分。天領バスはすでに降車休憩をしていた。

次に降車できるのは山口県!

 静岡SAを出ると次の休憩は山口県の佐波川SAなので、約750kmは外に出ることはできない。よって静岡での停車時間の短さから必要な糧食は基本的には新宿で購入するべきだが、当地では不足分を買い足す程度だろう。また喫煙者は明朝まで喫煙できないのでSA内の喫煙所で吸いだめをしておく必要がある。

 静岡SAを出ると消灯されるが、個室は電灯をつけていても構わない。途中2時間または200kmおきに乗務員交代と車両点検のために停車するが乗客は降車できない。快適な車内で爆睡してしまったため、静岡SA以降で覚えているのは、広島県の福山SAのみで伊勢湾岸道も新名神もまったく記憶にない。

 そして午前8時過ぎに佐波川SA到着のおはよう放送が入り、2回目の15分程度の休憩。そこには先着の天領バスの姿があり、新山口駅に寄るのでここまで並走してきたがお別れだ。はかた号が先に発車して山陽道から山口JCTを介して中国道に入る。

九州上陸!

 壇之浦PAを通過すると関門橋を渡り九州に上陸する。門司ICから北九州都市高速道路に入り冨野ランプで降り、小倉駅前を目指す。小倉駅前高速バス降車停留所で2名の降車扱いをすると、次の停車は砂津だ。

 西鉄バス北九州の本社と小倉営業所がある砂津では降車はなく通過。足立ランプから再度、北九州高速に入り黒崎ランプまで走る。

 黒崎ランプを出ると、黒崎インター引野口に停車。ここは北九州市西部の高速バスの要衝で、1つの停留所で全方向の高速バスに対応できる便利なバス停だ。それゆえに高速バスがたまりやすく、よく渋滞する。

 前を走る天神行きの「いとうづ号」が、引野口へ入線するはかた号に道を譲るために一般路線バスの停留所に入り待避。はかた号は先に引野口につけて1名の降車扱い後にすぐに発車、再度北九州高速に入る。 そのまま北九州高速を走り続けると、やがて八幡ICを介して九州道に入る。

いよいよ福岡市に入る!

 九州道を福岡ICまで走り、福岡都市高速道路で天神北ランプを目指す。 天神北ランプを出れば、すぐそこは福岡市の中心地である天神地区だ。都市間高速バスで西鉄天神高速バスターミナルに入れるのは、基本的に西鉄が運行に噛んでいる路線のみで、同社の強みでもある。

 西鉄福岡駅の上にバスターミナルがある構造で、路上停車の市内路線バスや西鉄電車とは垂直移動だけで済む。しかし天神では降車はなく、ターミナルの降車場でドアを開けるもののすぐに発車し通過した。

 天神を出ると次は終点の博多バスターミナルだ。博多バスターミナルは民間会社の運営で、西鉄も出資しているが西鉄だけのものではないので、博多に路線を持つ他社でも入ることができる。蛇足ながら昨今、ウィラーの高速バスが博多バスターミナルに入ることができたのは、運行会社の祐徳自動車の関係だと思われる。

  2階の高速降車場にほぼ定刻で到着したはかた号は最後の3名を降ろして、目と鼻の先にある博多営業所に回送していった。

次ページは : 乗って育てる「はかた号」!

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!