バス停周辺とグルメスポット散策! 「黒崎インター引野口」ってどんなとこ?


 いつもは乗りバス記事を多く紹介しているが、今回は1つのバス停にスポットを当てて周辺を散策してみた。取り上げるバス停は「黒崎インター引野口」だ。もしかしたら福岡行き高速バスの予約サイトなどで見かけたことがあるバス停名かもしれない。今回は周辺の数少ないグルメスポットも合わせて紹介する。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】バス停周辺とグルメスポット散策!「黒崎インター引野口」編(18枚)画像ギャラリー

引野口ってどこ?

 黒崎インター引野口停留所は文字通り黒崎インターにある。そして当該インターチェンジは高速自動車国道にはなく、北九州都市高速道路4号線にあるランプの名称なのだ。

黒崎インター引野口「高速バス停」

 歴史的経緯から以前は日本道路公団が管理する、北九州道路と北九州・直方道路の結節インターチェンジとして発展した。両有料道路は九州自動車道と関門自動車道をつなぎ、一体運用されていたので意識することなく直通できたが、九州自動車道全通にともない北九州高速に組み入れられた。

 よって形式はフルインターチェンジだが、現在はランプが正確な表現になっているものの以上のような経緯で黒崎インターと呼称される。

 当停留所に停車するのは基本的に西鉄グループだ。高速バスが走り始めた時から、西鉄は北九州市西部の高速バスターミナルとして位置付け、多くの路線が停車し、市内路線との接続も便利だった。黒崎バスセンターが鉄道との接続ターミナルで、当地は高速バスとの接続ターミナルという位置付けだ。

都市高速入口側の手前に待合所と高速バス停・奥に市内バス停・スロープ下にタクシー乗り場

 昔は単に「引野口」という停留所名だったが、これは周辺の地名「引野(ひきの)」の入り口にあたるので引野口だったのが、最近になり県外路線でも場所が分かりやすいようにしたのか「黒崎インター引野口」になった。当停留所の特徴は、高速バス乗り場は上りでも下りでも同じ場所に全部停車することである。

全部で4か所5停留所

 小倉方面・福岡方面のどちらから都市高速を降りてきてもバスはランプ接続道路の下をくぐり高速バス停に停車し、そのまま直進してまた都市高速に入っていく。

市内線はポンチョが来る場合も!

 高速バス乗り場には少し後方に市内バス停が1つあり、ここで合計2か所、ランプ高架の向かいにも市内バス停が1か所、そしてランプと交差する国道200号線上に黒崎方面行き1か所、国道211号線上に直方方面行き1か所の合計4か所5停留所がある。

 都市高速を走る路線バスは高速バス停後方の市内バス停に停車するが、実際にはバスが詰まると高速用と市内用は一体運用だ。本州方面夜行は東京、名古屋、米子・鳥取、倉敷・岡山行きが、九州島内長距離昼行は長崎行きが止まる。

 他には北九州空港行きが停車するが、福岡空港行きは廃止されたため北九州市西部から福岡空港への接続は極めて悪いので、JR+地下鉄に流れてしまった。小倉や福岡行きは以前は時刻表が不要だったが、現在では日中時間帯は毎時2本だ。

通過する特急バス

 黒崎インターを通るバスは、「はかた号」であれ「路線バス」であれ多くが停車するが、西鉄で1路線だけ黒崎インターを出ない(停車しない)短距離路線が存在する。それは小倉と直方を結ぶ特急バスだ。

高速バス停の時刻表

 比較的短距離で黒崎インターを出ると、それだけ時間がかかるので伝統的に停車しない。また高速自動車国道は走らないので種別は高速ではなく特急である。当地から直方方面へは、西鉄黒崎バスセンターから国道のみを走る急行バスが直方まで行き、国道211号線の直方方面行きバス停に停車する。

 直方へは福岡から高速、小倉からは特急、黒崎からは急行バスと西鉄グループの筑豊電鉄でJR筑豊本線に対抗する。これら直方行きのバスは西鉄バス筑豊が運行している。

次ページは : とんこつラーメンが300円!

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!