奥出雲おろち号の帰路も高速バス! 今度は「グラン昼特急大阪4号」だあ!!

奥出雲おろち号の帰路も高速バス! 今度は「グラン昼特急大阪4号」だあ!!

 鉄道の世界でも線区・列車の廃止議論が多く、実際に廃止が現実のものとなっている。そんな中トロッコ列車の「奥出雲おろち号」も廃止目前となってしまったのだが、なんとその指定券が取れてしまった。

 そこで急きょ「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」を利用して乗り鉄したレポートを先日紹介した(※関連記事参照)。

 帰路についてもいろいろ考えたのだが、広島に立ち寄り新幹線を使わず大阪まで高速バスを利用した。今回はその乗りバスレポートとしてJR系の高速バス「グラン昼特急大阪4号」をご紹介しよう。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】奥出雲おろち号の帰路も高速バス!「グラン昼特急大阪4号」乗車記(9枚)画像ギャラリー

この際なので往復高速バスで!

 広島での観光を楽しんで、午後に広島を出発。いつもなら新幹線を利用するのだが今日は大阪まで高速バスを使ってみようと思い選択。 やってきたのは広島駅新幹線口。現在、広島駅では2025年春の完成を目指して南口広場再整備と駅ビルの建替え工事が行われている。

広島駅
広島駅

 以前まであった駅ビルは2020年に閉館し、現在は新ビルの骨格が見えつつある。完成すればビル中央から広島電鉄の路面電車が乗り入れするという、誰も見たことのない巨大なターミナルビルとなる予定だ。

広島電鉄
広島電鉄

 そして先行する形で新幹線口も大きく生まれ変わった。観光客向けの店舗が新しく整備され、近隣のビルとはデッキで結ばれた。またロータリーも一新され、バス乗り場はとても広くなった。これから乗車するバスは、4番乗り場から出発する。

「グラン昼特急大阪4号」

 入線したのは中国ジェイアールバスの「グラン昼特急大阪4号」。目指すは終点の湊町バスターミナルだ。改札を済ませて早速車内へ。使用している車両は先日乗車した「出雲・松江・米子ドリーム名古屋号」として乗車したグランドリームの車両だ。

出発を待つグランドリーム(641-9964)
出発を待つグランドリーム(641-9964)

 前回は夜行だったが、今回は昼行で車内の感じもよく見渡すことができる。車両称号は中国ジェイアールバスの641-9964で、いすゞガーラのグランドリーム仕様車だ。広島から大阪までは340㎞あまりで、昼行高速バスとしては中・長距離に属するだろうか。

 広島駅は定刻から10分ほど遅れて出発。このあと広島バスセンター、不動院、中筋駅と停車し乗車扱いをする。この日は概ね座席定員の半分くらいが埋まったところで高速へ入った。

次ページは : 降車休憩多し!

最新号

ベストカー最新号

【1月29日発売】巻頭特集は「山梨交通」!! 楽しいバスの企画満載の バスマガジン123号!!

【1月29日発売】巻頭特集は「山梨交通」!! ほか楽しいバスの企画満載の バスマガジン123号!!