“都県境”を感じさせずに自然にスルー!? 京成タウンバス「新小52」系統で至福の時間


 今回の乗りバスレポートは、都県を跨ぐ京成タウンバスの新小52系統だ。以前は長距離路線だったが、現在は区間利用が多く、地域の人にも利用価値のある路線だ。新小岩駅東北広場から市川駅まで、移り行く沿線風景をレポートする。

文/写真:小野寺利右
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】都県をまたがる京成タウンバスの「新小52」系統に乗りバス!(10枚)画像ギャラリー

都外に出る民鉄系のバス路線

 今回は、東京都から都外に向かうバス路線だ。東京都の隣接県は、千葉県、埼玉県、神奈川県である。その中の千葉県に向かう京成タウンバスの「新小52系統」市川駅行きに乗車した。

新小52系統の路線図

 この新小52系統は古くは新小岩と市川双方から、上野や浅草方面に足を伸ばしていた。当時は都営バスも共同運行していた。平成に入り上野浅草方面を打ち切り、現在の新小岩と市川を結ぶ路線となり現在に至る。打ち切り前は毎時3本程度はあったようだ。

新小岩東北広場とは

 乗車したのは新小岩東北広場から。この新小岩東北広場とは新小岩地区の街づくりの一環として計画され実現した。元々新小岩駅北口にはバスターミナルはなく、南口に集中していた。

新小岩駅東北広場

 新小岩東北広場を発着する路線は、主に葛飾区北部に向かう路線が使用している。すぐそばの蔵前橋通りを都営バスは、ここには入らない。乗車したバスは、京成タウンバス奥戸営業所のいすゞエルガミオで、社番はT047だ。

新小岩地域と四ツ木周辺

 バスは出発すると、広場を大回りして、蔵前橋通りに出て西に進む。途中に都営バスの巽橋停留所があるが、ここには止まらずに平和橋通りとの交差点を右折した所に停留所がある。そして平和橋通りに入り北に進む。

 この区間は南口ターミナルから出てきた京成バス系列の綾瀬や亀有方面のバスとも並走する。中関橋、東上平井停留所に止まり、次の信号の上平井消防出張所前を左に曲がり、上平井橋を目指す。

 曲がった通りは古い商店街のようになっていて、道路はなかなか狭い。しばらく進むと有名なキャラクターが施された停留所が見えてくる。このキャラクターはモンチッチで、この近くに本社がありそれに因んで公園があるようだ。公園の様子は別稿でレポートすることにして、先を急ぐ。

 上平井橋で中川を渡り、綾瀬川沿いの首都高速下の道路を走る。次の停留所は木下川薬師停留所で、ここも有名なスポットだ。木下川薬師は、天台宗の寺院で、都内でも由緒あり葛飾区内でも4番目に古く、徳川家の祈願所としても有名だ。

京成バスや京成タウンバスが多い地域だ!

 この付近の新小岩方面は一段下がった側道上に停留所がある。以前は本線上にあったようだが、周りに道がないので利便性を考慮し付け替えたと思われる。そのまま進むと木根川橋を右に見ながら京成押上線のガードを潜って、右に曲がると四ツ木駅停留所に着く。

 この周辺は漫画キャラクターの聖地のようだ。その漫画はキャプテン翼で、作者がこの四ツ木出身なので、主人公などの銅像が公園にあるようだ。

奥戸街道をひたすら進む

 四ツ木駅を過ぎ、線路沿いの通りを進み、再び平和橋通りに出て京成押上線の踏切を渡る。渡って直ぐ左折すると奥戸街道だ。この付近は葛飾区立石で、安く飲める居酒屋などがある下町の風情を残した地域だ。本奥戸橋で中川を再び渡ると葛飾区奥戸になる。

京成バス奥戸営業所

 橋を渡って直ぐ右に見えてくるのが京成バスの奥戸営業所だ。ここは高速バス中心の営業所で(一部コミュニティバスあり)23区東部の空港バスなどはここが本拠地だ。停留所名は奥戸車庫。次の停留所が京成タウンバスの車庫で、こちらは進行方向右側にある。タウンバス車庫の出入り系統は多い。

次ページは : 奥戸街道から蔵前橋通りへ

最新号

ベストカー最新号

【9月26日発売】バスマガジン115号!!  新潟交通グループ特集や三菱ふそうの2階建てバス試乗記など楽しいバス情報満載!!

バスマガジン Vol.115は9月26日発売! 美しい写真と詳細なデータで読者を魅了するバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]は、新潟交通グループを特集。人気の赤いルーフにシルバーボディのバスが誌面に勢ぞろい!