超マニアック!! 料金箱のディープな世界へようこそ【バス用品探訪 第1弾】


 路線バスにて運賃収受を行うのが“運賃箱”。ICカード対応はもちろん、紙幣の両替など際立った多機能を誇る日本の運賃箱は、日本の“おもてなし”の象徴のひとつといえる。

 ワンマンバスとなり、運賃収受をする“箱”として登場した運賃箱。いまでは乗車地及び降車地、バス停ごとの乗車人数など、さまざまな情報収集を行い、各バス事業者におけるより効率的な営業運行をサポートする情報発信基地といってもいい存在となっているといえよう。

取材・文/小林敦志(バスマガジンvol.97より)

【画像ギャラリー】バスマニアも知らない料金箱の進化


バス用蛍光灯開発からバス市場へ参入したレシップ

本社展示室には、シンガポール向け料金箱や、アメリカ向け運賃箱のほか、ニューヨークのタクシー用LED表示器が展示してあった。アメリカの運賃箱はステンレス製であり、日本のものより頑丈に作られている

 レシップは三人の創業者が岐阜県の華陽地区で創業した、“三陽電機製作所”がそのはじまりとなる。ネオン変圧器やトランスなどの製造を行っていたが、1951年にバス用蛍光灯の開発に成功し、バス市場へ参入。今回取り上げている運賃箱は1970年に開発している。

 「路線バスの運行が運転士と車掌の“ツーマン”から、運転士のみの“ワンマン”運行が主流となる過渡期に運賃箱の開発に成功しました」(レシップ株式会社 営業本部 営業推進部 副部長 大野康昭氏)。

 レシップはいまでは、運賃箱や照明機器はもとより、降車ボタン、運行管理システム、車内表示器、LED式行先表示器など多くのバス機器をラインナップしている。

●LFZ-C型

ICカードの普及に伴い、軽量・小型金庫へリニューアル。即時計数機能付薄型運賃箱となり、写真の運賃箱は高額紙幣対応(2000円、5000円、10000円)となっている。アクセントカラーを現金収受部に印刷し、現金収受部を明確化したユニバーサルデザインや、多言語対応もしている

 「運賃箱というものを開発したことで、ビジネスの“幅”が広がりました。運賃箱があるなら、乗客に運賃を知らせる“運賃表示器”や、整理券発行器も必要となるのではないかということで、まずは運賃箱、運賃表示器、整理券発行器をセットにして開発を進めました」(大野氏)。

 いまでは、アメリカやシンガポールをはじめ、世界各地の路線バスでレシップ製のバス機器が採用されている。  顧客ニーズや時代の変化へ柔軟に対応してきたことが、今日の多彩な製品ラインナップへつながったといってもいいだろう。

●LFZ-C型で1万円札を実際に両替してみた

高額紙幣の両替へ対応しているとのことで、実際に1万円札の両替を行った。システムの都合上、千円札は1枚ずつ出てくることになる。キャッシュレス社会と言われながらも、乗車時に1万円札の両替を希望する利用者が目立つので、便利機能といえよう

現金以外の収受対応が大きなエポックとなる

 「現金のみを扱っていたMS-5000型から、磁気カードを搭載することになった技術革新はまさにエポックでした。現金以外の方法で運賃収受を可能にしたことにより、客先の利便性が格段に向上し、運転士の運賃確認時の負担軽減につなげることもできました」(レシップ株式会社 生産本部 組込システムソリューション部 部長 宮澤一次氏)とのこと。

 技術革新はバスのハンドルを握る運転士への負担を軽くしたいという視点でも進められたとのこと。

●ICカードリーダ/ライタ

すべてのバス運行方式に対応。既存の運賃箱とのシステム連動も可能。ここにICカードをタッチすることで、運賃収受データをはじめ、乗降動態データの収集を可能としている

 「当時の車内放送は8トラックのテープでした。このほか運行記録用のタコグラフに装着するチャート紙や運賃箱の金庫、そして運賃収受データ記録用のメモリーカードが加わり、運転士さんが出庫する時は両手いっぱいに荷物を持ってバスに向かうことになりました。この荷物を減らそうということもあり、金庫に収受データを記録できるようにしました」(大野氏)。

 いまでは車内放送はテープから音声合成システムへ、タコグラフはデジタル化されており、運行のために車内へ持ち込まなければならないものを含む手荷物はかなり軽減されている。

●操作性が著しく向上したLFZ-C型ディスプレイ

8.5インチワイドの大型タッチパネルの採用で操作性と視認性を向上。撮影した運賃箱はディスプイがスライドして前後に移動するようにカスタマイズされており、さらに機能が向上していた

 一時期は、特別色や形状など見た目だけでなく、専用機能の付加などをオーダーする、こだわりを持つバス事業者も目立っていたが、いまは収束傾向とのこと。ICカードの普及で金庫が小型化したこともあり、現行運賃箱は歴代モデルに比べてスリムになっている。

【画像ギャラリー】LECIP料金箱の進化