おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その3】

おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その3】

 奈良県内全域と京都府の一部に路線を展開する「奈良交通」の特徴や保有するバスについてお伝えしているバス潜入レポートもいよいよ3回目となった。今回は奈良交通ならではの長距離路線をご紹介したい。

 奈良県橿原市の近鉄大和八木駅と和歌山県新宮市のJR新宮駅を結ぶ八木新宮特急バスは、全長166.9km、停留所数167、全線運賃5,250円(2019年10月の消費税率引き上げに伴い運賃改訂申請中)という長大路線。高速道路を使わない路線としては、日本一の長距離バスである。

 ダイヤは大和八木駅発9時15分、11時45分、13時45分、新宮駅発5時53分、7時46分、9時59分の3往復。途中3回のトイレ休憩を含め、全線の所要時間はおよそ6時間半に及ぶ。

 今回は「168バスハイク乗車券」を購入して大和八木駅を出発。上野地での休憩、十津川村役場と本宮大社前での途中下車を活用し、国内随一の吊り橋、素朴な山の温泉、世界遺産の古社に立ち寄る、およそ11時間の旅を紹介する。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(K)柏田芳敬、(H)編集部、(N)奈良交通株式会社
※2019年7月発売「バスマガジンVol.96」より

【画像ギャラリー】奈良交通が所有するバスをイッキ見! バス会社潜入レポート 奈良交通【一般路線車編 パート2】